特定エリアで頻発するWX03の再起動

前回の記事でUQ WiMAX SPEED Wi-Fi NEXT WX03の再起動頻度が多いということを記載しました。

前回の記事:UQ WiMAX WX03の再起動頻度を検証

記事掲載後、約3週間掛けて様々な実験を行ったところ、次のような事が分かりました。

再起動する度に可能であれば上記のように写真を撮影しています。この他にも十数枚の写真がありますが、共通点のある写真を3枚だけ選んでみました。

写真の背景に着目すると、左側に関越自動車道が見えます。関越自動車道があるからWX03が再起動するという訳ではなく、これは私が毎日同じ経路を通行しているので、同じような景色になってしまうのですが、再起動するエリアが群馬県高崎市~渋川市の間という限定的なエリアであることは確実です。

そこで普段利用しないエリアで再起動するか検証してみました。

エリア 移動手段 再起動有無 備考
埼玉県さいたま市
埼玉県白岡市
電車 クレードル無
茨城県つくば市 クレードル無
群馬県高崎市榛名湖町 440Mbps非対応エリアで再起動する可能性を検証するため、非対応エリアを巡回しましたが再現しませんでした。
茨城県ひたちなか市
栃木県矢板市
連続稼働12時間

再起動有無の判定に関しては、上記のように電波インジケータをONにして稼働させておくと、再起動した場合に初期画面に戻ってしまうため再起動有無の判断が可能です。今のところ当該エリア以外では再起動を確認していません。

例えば上記のエリアに出かけてきた後、当該エリアに突入すると再起動を繰り返します。

また当該エリアであっても電車で移動した場合や高速道路で移動した場合には再起動が発生していないため、自動車で時速40km/h前後で移動している際に発生することが多いようです。

まだメーカーには問い合わせていませんが、今後は別の端末で再現するか確認してみたいと思っています。そこで再現するようであれば、当該エリアにある基地局と他のエリアにある基地局の違いを確認してみようと思っています。