UQ WiMAX WX03の再起動頻度を検証

UQ WiMAX SPEED Wi-Fi NEXT WX03を購入して10日間、パケット通信量にほぼ制限がない契約ですので積極的に使用しています。

前回の記事はこちら:UQ WiMAX SPEED Wi-Fi NEXT WX03購入

前回の記事で紹介したとおり、主に車載して使用していますが、センターコンソール付近に設置しているため、WX03の画面表示が変化すると運転中でも目に入ります。

普段は画面表示に変化がありませんが、WX03の悪い癖として突然再起動してしまうことがあります。

再起動するとNECのロゴが大きく表示されるため運転中でも視認できます。

再起動するタイミングや頻度を検証している中、2017年4月11日付で再起動対策を含むファームウェア更新がありましたので早速適用してみました(出荷時のファームウェア 1.1.0から 1.2.0 に更新)。

関連リンク:WX03 | バージョンアップ

ちなみにファームウェアバージョンアップ前後における再起動の状況です。

検証日 再起動回数 再起動場所 状況等
ファームウェア 1.1.0 (初期ファームウェア)
4月7日(金) 2回 渋川市有馬付近
高崎市北原町付近
普段の経路
4月8日(土) 未検証  
4月9日(日) 1回 渋川市吹屋付近 普段とは違う経路
普段とは違う目的地
連続8時間程度運用
4月10日(月) 3回 渋川市有馬付近
吉岡町大久保付近
高崎市北原町付近
普段の経路
4月11日(火) 2回 渋川市有馬付近
高崎市日高町付近
再起動発生はファームウェア更新前の状態
ファームウェア 1.2.0 に更新
4月12日(水) 0回 普段とは違う経路
出発地と目的地は普段と同一
普段とは時間が異なる
4月13日(木) 5回 渋川市有馬付近
渋川市八木原付近
高崎市北原町付近
高崎市東国分町付近
高崎市日高町付近
普段の経路
4月14日(金) 0回 普段の経路
4月15日(土) 0回 4月14日夜から自宅にて連続運用中

※普段の経路とは午前7時台に関越道渋川伊香保IC付近~前橋IC付近の一般道を走行しています。平均時速40km/h程度で移動中。約50分間使用。

具体的な再起動場所は割愛しますが、再起動する場所がほぼ同じ地区(地名)であることが分かります。これは偶然なのかもしれませんが、もしかしたら相性が悪い基地局があるのかもしれないと思い記録していました。

ファームウェア更新後にも再起動が発生していますので、根本的な何かが改善されていない模様です。

ちなみにファームウェア更新後は通信が安定しているように感じます。ハイパフォーマンスモードで基地局に近い場所では下り130Mbps前後出ています。

またクレードルに載せないと圏外になってしまう自宅でも安定しており、コンスタントに下り30Mbps程度出ていますので、少なくともADSL回線よりも速度面では上回っています(自宅のauひかりは下り700Mbps前後出るので、それには及びませんが)。

再起動を記録した表にも記載したとおり、4月14日(金)の晩から自宅で連続運用しています。電波インジケータを常時表示させていますので、仮に再起動してしまった場合は、表示が消えてしまうので確認できます。ブロク記事執筆時点で連続24時間程度運用していますが、再起動する気配はありません(WX03にはPC1台、iPhone1台、iPad1台を接続しています)。

現在、WX03の設定は5GHz屋外用のWi-Fiで運用しています(起動するとDFSチェックが走る)。今後は運用するWi-Fi周波数などを変えながら検証していきたいと思います。