UQ WiMAX SPEED Wi-Fi NEXT WX03購入

WiMAX2+対応モバイルルータ、UQ WiMAX SPEED Wi-Fi NEXT WX03を購入しました。

以前は同じくWiMAX2+対応ルータ W01(au型番でHWD31)を所有していましたが、こちらはmineo AプランのSIMで利用していました。Huawei製のモバイルルータはauのLTEネットワークでも通信出来るため、WiMAX2+とauの広いLTEエリアという組み合わせで利用していました。

そしてこの度、WiMAX2+の2.6GHz帯しか対応していないWX03を購入しました。

私の行動エリアで使用するにあたり、電波状況を考慮すると一番不利な選択となります。自宅で使う頻度は低いのですが、自宅は完全に圏外です。今後、行動エリア外に長時間滞在する事が多くなるため、月間通信量に制限のない回線を調達しました。

自宅の窓際で電波を受信できるか試しましたが、一向に受信する気配はありません。屋外に出ても遠方から飛んでくる電波を拾うことがありますが、基本的には使用出来ません。

※WX03を選定した理由のひとつに、写真のような「電波インジケータ」機能が使用できることも考慮しました。

そして別売のクレードル NAD33PUU も購入しました。

「あらゆる⽅向からの電波を漏れなくキャッチするために、クレードル装着で、3直交偏波アンテナへと変化します。」という宣伝文句が気になったための購入です(笑) 詳細は下記リンクをご覧下さい。

参考リンク:WX03専用クレードル

こんな性能ですが、そもそもエリア外の自宅では使い物にならないだろうと思っていました。

クレードルに装着したWX03での電波インジケータ画面です。なんと自宅で通信できるようになりました。これが一時的な疎通ではなく、連続して数時間運用しても問題ないレベルであることを確認しました。

速度も下り20Mbps前後は出ており、光回線と比べれば明らかに遅いものの、実用上まったく問題がないレベルで通信出来ています。

ここまで効果が出るとは思っていなかったので、このクレードルは購入して正解でした。


移動中の車内ではWX03回線に接続したiPhone7にてradikoプレミアムで主に他県のラジオ番組を聴取しています。サードパーティの保護ケースに入れた状態で、メーターパネル付近に置きましたが、これではメーターをすべて確認することが出来ないので、安全な運転に支障が出てしまいます。

そこでWX03専用クレードルをマジックテープで仮止めできるようにしました。以前はCar Wi-Fi 404HWを車載していましたが、それに置き換わる形でWX03を車載することにしました。

ちなみにメーターパネルに置いた状態の写真と、クレードルを車載した状態の写真は、同じ時刻に同じ場所で撮影しています(前者は4月6日7:10頃、後者は4月7日7:10頃、共に群馬県渋川市行幸田のベイシア渋川店付近です)。

写真を拡大してみると、クレードルに装着した後者のほうが明らかに受信感度が向上していることが分かります(設置場所も好条件なのでしょう)。


車載したWX03専用クレードルに設置した状態では夜間の視認性が非常に良く、比較用に2DIN内蔵カーナビの画面も撮影しましたが、カーナビの情報並にWX03の電波インジケータが視認できることが分かります。

こんな形でまだまだエリアとしては未熟なWiMAX2+専用端末に手を出してしまいました。基地局展開や周波数特性などを考慮すると、屋内などのスポットエリアは今後も苦戦するのではないかと感じています(まずは自宅直近のau基地局がある場所に、WiMAX2+基地局が設置されることを願っています)。

それでも通信量無制限の回線を入手することが目的でしたので、この目的を十分果たすことができるのか、今後検証していきたいと考えています。

※最悪、使い物にならなければ、手持ちのW01(HWD31)に戻す or 安価なW03あたりの白ロムを購入するなどの方法で、auのLTE周波数にも対応した製品にSIMを差し替えることも選択肢として考えられます。もちろんドコモ回線も残してあります。

WIMAX 2+ Speed Wi-Fi NEXT WX03 【NAD33SWU】ホワイトゴールド

UQコミュニケーションズ Speed Wi-Fi NEXT WX03 クレードル NAD33PUU

※WX03専用クレードルの定価は税込3850円ですのでリンク先の価格にご注意下さい。

UQ WiMAX Speed Wi-Fi NEXT WX03 用カラビナリング付本革レザーケース