さんぽで三県!!三県境モバイルスタンプラリーに参加

2017年2月10日~3月26日まで開催されている「さんぽで三県!!三県境モバイルスタンプラリー」に参加してきました。

これは埼玉県・群馬県・栃木県の三県境が平地にあり歩いて行ける観光スポットになったことから、埼玉県加須市・群馬県板倉町・栃木県栃木市が共同でキャンペーンを行っているもので、GPS付きスマートフォンを利用して各チェックポイントをまわるモバイルスタンプラリーです。


■ 雷電神社(群馬県邑楽郡板倉町)

群馬県側から進みましたので、まず第一に雷電神社を参拝しました。神社には大きな立て看板があり、チェックポイントであることが確認できます。

神社を参拝後、鳥居の前でチェックインを済ませました。


■ 栃木市藤岡遊水地会館(栃木県栃木市 旧藤岡町)

建物1階が資料館や情報コーナーになっていました。当初、入り方が分かりませんでしたが、この建物の裏側に駐車場入口がありました(写真撮影場所にも出入口がありますが、歩行者用となっており車の出入りは出来ません)。

資料館見学後、駐車場で無事にチェックインを済ませました。


■三県境(埼玉県加須市・群馬県板倉町・栃木県藤岡町)

モバイルスタンプラリーのサイトでは北川辺スポーツ遊楽館(道の駅きたかわべ)から歩いて行くように案内がありました(現地に駐車場が無いため)。

ただし、ほんの数台ですが加須市が公園の駐車場を臨時駐車場として開放しているため、公園利用者がいなければ近くに車を停めることができます。

道の駅きたかわべの乗用車用駐車場が満車だったので、今回は加須市の公園駐車場を利用させて頂きました。

三県境周辺には最近整備されたと思われる新しい看板があるので道を迷うことはありません。

こちらが三県境になります。この手書き看板はテレビや新聞等で見たことがありました。

三県境には2016年に正式な測量をして杭が打たれています。この杭の周りを各県1歩ずつまわれば、モバイルスタンプラリーのキャッチコピーである「さんぽで三県」が実現できます。

三県境の杭でチェックインを済ませました。

三県境の近く、群馬側にはNTTドコモの基地局「CV板倉海老瀬RK」があります。

少々見づらい映像になってしまいましたが、三県境を10秒で周っている様子です。


■北川辺スポーツ遊学館(埼玉県加須市 旧北川辺町)

道の駅きたかわべの敷地にある北川辺スポーツ遊学館です。道の駅の食堂でチェックインをしようと思ったら、チェックインポイントから離れているという警告が出たので、建物前でチェックインしました。

遊学館2階の受付でスマートフォンを提示して、職員の方が最後の操作をすると画面に引き換え番号が表示されます。引き換え台帳に受け取りのサインを記入すると、到達賞としてオリジナルモバイルチャージャー(5V/1A/2000mAhタイプ)を頂くことができます。

さらにWチャンスの抽選を行うことができ、スマートフォン上に表示される操作に従って抽選を行うと、その場で当落が分かります(残念ながら外れてしまいました)。

※到達賞は数に限りがあるとのことで、イベント期間終了の2017年3月26日までに配布が終了してしまう場合があります。ご注意下さい。

北川辺スポーツ遊学館の屋上から撮影した三県境です。屋上には望遠鏡も設置されており渡良瀬遊水地や筑波山方面を一望することができます。

各チェックポイントが微妙に離れているので徒歩で全チェックポイントの訪問は難しいのですが、自家用車以外にもレンタルサイクルが用意されているようですので、各自治体のWEBサイト等の情報収集してからお出かけ下さい。

 

SoundPEATS BluetoothイヤホンQ12 購入

SoundPEATS Bluetooth イヤホン Q12 を購入しました。

Bluetoot 2.0時代にはBluetoothイヤホンを使用したことがありましたが、途中で有線のノイズキャンセリングイヤホンに切り替えてしまいました。

iPhone7になりイヤホンジャックが廃止されてしまった事から、古いBluetoothイヤホンを引っ張り出して使用していたのですが、バッテリーの持ちが悪いことやレシーバーが大きいことなど、使い勝手が悪いので安価で評判の良いQ12を購入してみました。

161115b

立派な収納ケース(左)に付属品が入った状態で梱包されていました。

161115a

主に使うのはこれだけ。非常にコンパクトです。左右のイヤホンがマグネットで固定されるので持ち運びは便利です。

技適マークも付いていましたし、ペアリング時、電源ON/OFF時に日本語でガイダンスが流れるので安心します。
ハンズフリーのマイクも内蔵していますので、音楽聴取中に着信があっても即対応できます。

電車などの公共交通機関での移動が少ないので、出番はあまり多くありませんが、しばらくはQ12をお供にしたいと思います。

SoundPEATS Bluetooth イヤホン 高音質 apt-Xコーデック採用 防汗防滴 スポーツ仕様 外れにくい Bluetooth ヘッドホン ハンズフリー通話 CVC6.0ノイズキャンセリング ワイヤレス イヤホン [メーカー直販/1年保証付] Q12 ブラック

かんな・かぶら道の駅スタンプラリーに参加

2008年までは基地局撮影を目的として出かけていましたが、最近では観光をメインにして基地局は珍しいものに限って撮影しています。

普段はほとんど紹介しない観光ネタとして先日参加した「かんな・かぶら∞ぐるぷらの旅 道の駅スタンプラリー」を紹介します。

このイベントは2016年7月16日から12月28日まで開催されている群馬県西毛地域の道の駅をまわるスタンプラリーです。

パンフレットには群馬県藤岡市の道の駅ららん藤岡をスタートして、8つの道の駅をまわって最後にららん藤岡に戻るルートがモデルコースで掲載されていますが、重複を避けるためにモデルコール2番目の道の駅上州おにしからスタートしました。

kanna_kabura01

9:40 道の駅上州おにし(群馬県藤岡市)をスタートします。こちらの2階売店の店員さんからパンフレットをいただきスタンプを押してもらいました。店員さんがスタンプを押したのは、ここ上州おにしだけでした。

kanna_kabura02

道の駅上州おにしの敷地は、昭和50年に廃校した譲原小学校の木造校舎が保存されています。

10:35 道の駅 万葉の里(群馬県多野郡神流町)に到着しました。残念ながら写真はありませんが、小さな味噌饅頭を購入して頂きました。
※道の駅にはドコモの屋内用増幅装置が設置されていましたが、残念ながらコンセントが抜かれていました。

11:25 道の駅 上野(群馬県多野郡上野村)に到着しました。神流町で基地局撮影をしていたため、パンフレットに記載されている万葉の里からの所要時間20分を大幅に超えてしまいました。

kanna_kabura03

道の駅 上野で販売されている地元の特産「十石みそ」を使用したソフトクリーム(350円、JAF会員証提示で300円)です。実はこのソフトクリーム目当てで上野村に訪問しています。
今回はコーンに巻いてある紙(持つところ)が、5枚ぐらい巻かれているハプニングがありましたが、美味しくいただきました。

kanna_kabura04

3つ目のスタンプゲットです。

kanna_kabura05

道の駅 上野では、目立つ場所にイベントののぼりが掲げられています。

その後、上野村内で昼食や味噌などの買い物をしてから、次の目的地に向かいました。

12:45 道の駅 オアシスなんもく(群馬県甘楽郡南牧村)に到着しました。こちらではゲリラ豪雨に遭ってしまったため、ゆっくり滞在することが出来ませんでした。

kanna_kabura06

道の駅 オアシスなんもくの駐車場にある自販機で商品サンプルが掲示されていない場所があったので、120円を入れてみたところ購入可能である緑色のランプが表示されていました。結果、2つ左のコーヒーが出てくる面白いハプニングがありました。

13:15 道の駅 しもにた(群馬県甘楽郡下仁田町)に到着しました。こちらはとても混雑していたので、地元野菜を購入しただけで写真を撮らずに後にしてしまいました。スタンプは24時間押印可能な場所に保管されていました。

14:00 道の駅 みょうぎ(群馬県富岡市)に到着しました。今まで立ち寄ったことのない道の駅でした。やはりここでも地元野菜を購入しました。

kanna_kabura07

道の駅 みょうぎの駐車場から撮影した妙義山です。

kanna_kabura08

スマホのデジタルズームでも辛うじて「大」の文字が確認できます。

14:30 道の駅 甘楽(群馬県甘楽郡甘楽町)に到着しました。道の駅みょうぎから富岡市街地を突っ切る形になります。スタンプラリーのパンフレットには富岡製糸場などの観光案内も掲載されています。こちらの道の駅も初めて立ち寄った場所になります。

kanna_kabura09

道の駅 甘楽で購入したどら焼きです。国道254線沿いにある「こまつや」さんが製造販売している織田家の家紋を烙印したぐんまちゃんデザインのどら焼きです。

15:25 道の駅 ららん藤岡(群馬県藤岡市)に到着しました。こちらはハイウェイオアシスになっているため、上信越道からのお客さんも多く、休日は非常に混雑しています。ガトーフェスタハラダのラスク(グーテ・デ・ロワ)を購入する予定でしたが長蛇の列だったので諦めました。

kanna_kabura10

ここで8個目のスタンプを押してスタンプラリーは終了です。最後に道の駅の事務所(ファミリーマートの隣)に行き、入口付近にある提出箱に入れて応募完了です。

基地局撮影やちょっとした観光も兼ねて約6時間の周遊でしたが非常に楽しむ事が出来ました。

証明写真機「Ki-Re-i」で撮影

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

マイナンバーの個人番号カード作成時に必要な写真撮影を兼ねて、DNPフォトイメージングジャパン社が展開している証明写真機「Ki-Re-i」を利用してみました。

kirei01

一見普通の証明写真機のように見えますが、紫色のPOPが貼られており、マイナンバー申請対応であることが確認出来ます。2015年11月下旬現在、群馬県内には3箇所(前橋市の書店、高崎市の家電量販店、渋川市のデパート)に設置されているようです。

簡易書留で届いたマイナンバー通知カードを持参すれば証明写真機内で申請が完了するのですが、今回は専用アプリをダウンロードして再利用データ並びにJPEGデータを保存しました。

kirei02

データの保存形式が2種類に分かれており、アプリ内でしか利用できない再プリント用データのみが標準設定になっていますので、現地のタッチパネルでWeb用データも必要である旨を選択します(Web用データを選択した場合、追加料金が必要でした)。

さらに追加料金で美肌や男前補正、証明写真プリントも選択出来ましたが、今回はデータのみを選択しました。

タッチパネルに表示される内容に従い、ワンタイムのWi-Fi SSIDとセキュリティキーを入力し、スマートフォンと証明写真機をリンクさせ、受信テストを行ってから実際のデータがダウンロードされる仕組みのため、スマートフォンの扱いに不慣れな方でも、比較的簡単に利用できるよう設計されています。実際の所要時間は5分以内で、従来からの証明写真の撮影と、ほぼ変わらぬ時間で完了しました。

実は証明写真用としても写真が必要だったのですが、必要なサイズがその都度異なるため、JPEGデータで保存されたものを、コンビニのマルチコピー機を利用して出力しました。

kirei03

ファミリーマートやローソンなどのシャープ製マルチコピー機で利用できる「コンビニ証明写真 Bizi ID」というアプリをダウンロードし、必要な証明写真のサイズを選択したのちに、証明写真機「Ki-Re-i」で撮影したJPEGデータを貼り付けてアップロードします。
アップロード後に表示される受付番号を、コンビニのマルチコピー機に入力すれば1回200円で指定サイズの証明写真が利用できるため、証明写真機「Ki-Re-i」で再プリントするよりも安価に焼き増しが出来ます。
(セブンイレブンのマルチコピー機=ゼロックス製でも証明写真の出力を行いましたが、画質が好みでは無かったため、写真は使用しないことにしました)

一般的に”撮影から○ヶ月以内の写真”と指定される事の多い証明写真ですので、その期限内であれば複数の用途(サイズ)に使い回す事が出来る写真のデータ化は非常に便利でした。

ワンセグTV音声対応ラジオ XDR-63TV 購入

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ワンセグTV音声が受信できるポケットラジオ SONY XDR-63TV を購入しました。
発売直後から気に掛けていたものの、本体価格が高価なため遠慮していましたが、某リサイクルショップで格安販売されていたので、実験用にと1台購入してみました。
勝手な理想を言えば、チャンネル(放送波)スキャンを実行した時に、受信出来る全物理チャンネルと放送局名が一覧表形式で分かる機種が良いのですが、携帯電話のワンセグ機能を見ても、それが実現できる機種は限られています。
XDR-63TVに於いても、チャンネルスキャン時には、1~10までのプリセットボタンに受信できる放送局が登録されるだけとなり、仮に複数の中継局から同じ放送局を受信できた場合でも、識別信号が同じ場合は、同じプリセット番号に入ってしまいます(県域放送等で識別信号が違う場合は、後ろのほうか空いているプリセット番号に登録されます)。
そこで目を付けたのがマニュアル選局です。ラジオ機能ではAMなら9kHzステップ、FMなら0.1MHzステップでマニュアル選局できる機種が多いのですが、この機種ではワンセグのマニュアル選局も13ch~62chまで1chずつ出来るので、群馬県内でもロケーションの良い場所でひたすら1chずつ選択して、何が受信できるか確認してみました。

車の運転席窓側エアコン吹き出し口に取り付けたドリンクホルダーにラジオを固定した状態で実験しました。
下記に放送局名が表示されたもの、音声が表示されたもの、アンテナピクト(3段階)の表示があったものをリスト化してみました。

※PDF版はこちら
実験した場所は、前橋市滝窪町にある道の駅ぐりーんふらわー牧場・大胡の駐車場です。
この場所は都内からは離れているものの、赤城山南麓にあるため非常にロケーションが良く、千葉・埼玉の放送波も受信できるため、以前からよくワンセグ受信確認を行っていました。
(2006年1月4日にau W33SAを入手して、まだ群馬ではワンセグ電波が出ていなかったので、一番最初に東京からの受信を試みるために向かったのもこの場所です。しかも茂木ネットワークセンターさんにも声をかけて強制連行)
茂木ネットワークセンターさんの「テレビ・ワンセグ受信記録」というページにも、この場所での実験がよく紹介されていますので、興味のある方は是非ご覧になってみて下さい。
XDR-63TVは地域設定やプリセットスキャン機能などが非常にわかりやすいメニュー構成で設定できるようになっています。
ただし自動設定に任せてしまうと、偶発的な受信状況の悪化などにより、受信できるはずの放送波の登録が漏れてしまうことがあります。
そのためネット上の購入レビュー等を読む限り、悪評も非常に多いのが現状です。
ところがマニュアル選局で細かく詰めていけば非常に遊べる道具になりますので、今後も機会を見て良いロケーションでの受信実験を試みたいと思います。
(一般的にはここまで細かくカスタマイズして使用することは少ないでしょうから、チャンネルスキャン時の感度がさらに向上すればもっと良い製品になるでしょう)