3G位置情報 Ver.2

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

3G位置情報のAPIが、私が留守中に公開されていたので、少しだけ位置情報取得プログラムの内容を変更してみました。
3G位置情報2-1
こんな感じで903Tを使ってGPS情報を取得できるようになりました。903T以外の機種でここをクリックするとエラーになりますので、通常の簡易位置情報(基地局付近)の情報を取得することになります。現在実験に参加していただいている方で903Tを使っている方はいないようなので、しばらくは使えないボタンになりますが、何かの時の為に付けておいても損はないかと思って追加しました。
3G位置情報2-2
ちなみに簡易位置情報を送出する前に必ず確認が入りますが『今後確認せず送信』を選択すると、この煩わしいワンクッションが省略できます。この設定はいつでもVodafone live!のブラウザ設定にて変更できます。
ところが、この『確認せず送信』をしてしまうと、位置情報を取得した後にブラウザの「戻る」ボタンが使えなくなってしまいます。これは私が作成したプログラムだけでなく、他所の公式サイトでも同様の挙動を確認しています。その為、常に確認画面を出さないと連続的に取得することが出来なくなります。
ど素人なので色々と不安要素があります。今後、大幅なバージョンアップの予定はありませんが、自分自身の勉強の為と、プログラミングの参考書籍をいくつか購入してきました。もうプログラミングという作業から5年以上は遠ざかっていますし、5年前でも主力でやっていたわけではないので、色々なソースを見よう見まねで作るのが精一杯です。自分自身の構想を端的に実現する為にも、余裕があれば勉強してみたいと思っています(が、あまり期待しないで下さい)。

3G位置情報 経緯度取得プログラム

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

3G位置情報についてのAPIが発表されていませんが、既知の情報だけを寄せ集めて経緯度を取得するプログラムを作ってみました。
3G位置情報
PDC版と違い、基地局の地名は流れてこないようなので、経緯度を算出して、そこから地図サイトへのリンクを作っただけになります。有料サイトを使いませんので、リーズナブルな金額で3Gの基地局を発見することができます。大型の収容かんがある局については3つの経緯度が取れるようです。小型基地局が設置してある局については、関東の場合NB341の設置個数により取得できる経緯度の数が異なります。ほとんどが1セクターのシンプル仕様のようですが、中にはNB341×3基という豪華仕様?のところもあります。そんなことが分かりますので、面白いツールだと思います。
APIが公開されれば、優秀な方々が公開すると思いますので、それまでのつなぎとして使っています。対象機種をお持ちの方で、この経緯度取得プログラムを使ってみたい方はメール下さい。その際、必ず機種名をメールに記載して下さい。「仕様を教えて!?」という質問は勘弁です。私自身がプログラムに関しては素人同然ですので…。

3G簡易位置情報サービスイン

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

3G位置情報
ボーダフォン3Gにて簡易位置情報の提供が開始されました。待ちに待った機能です。PDC方式のように地名と経緯度が送られるのではなく、経緯度だけ?かと予測していますが、いずれWEB仕様が公開されるようなので、今後の楽しみが増えました。これで902Tが活躍しそうです。
ちなみにボーダフォンは、8月までに確認できた基地局のすべてをまわり終わってしまい、残りは1局のみとなっています。この位置情報スタートを機に、再度いろいろと調査してみるのも面白いかもしれません。また少しずつではありますが新局も出来ているので、その調査にも使えそうです。いずれにせよ公式サイトでは制約が大きいので、PDC方式のようにWEB仕様が公開されるまではお預けとなりそうです。

ゆうパック追跡大実験

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

注:当記事の内容は2004年10月のもので現在の物流とは大きく異なります。

テレビ番組で、位置情報取得機能の付いた移動体通信端末を使った実験を何度か見る機会があり、一度自分自身でも実験してみたいと思っていました。郵政公社のホームページ等を熟読して、電源の入っている携帯電話を発送することに問題があるという表記が無かった為、10月16日(土)〜17日(日)にかけて、ボーダフォンの位置情報対応電話機を群馬県から宮城県へ発送してみました。
ゆうパック1
群馬県から宮城県へは、夕方までに発送すれば、翌日の午後以降に配達されるようです。別の荷物を発送して事前に調査したところ、時間指定無しにした場合は午後2時〜5時頃には配達されると分かりました。
なお実験にあたり、他の運送会社の利用も考えましたが、群馬−宮城間ですと、翌日午前には配達されてしまい、中継地点の通過はすべて深夜に及んでしまう為、配送日午前中もどこかを中継している記録をとることが出来る、ゆうパックを選択しました。
実験にあたり、鹿児島県のEさんに端末J-T010(PJ)を提供していただきました。なおより多くの実験を行う為、計5名に実験概要を伝えて位置情報の取得を依頼しました。また受け取りにあたり宮城県のSさんにもご協力をいただきました。
また輸送中に音が出たりバイブレータが働いたりしないよう細心の注意を払って実験を行っております。
1.なぜ位置情報が分かるのか?
ゆうパック2
ボーダフォンのメール機能のひとつに掲示板機能があります。PDC方式ではこの掲示板機能に位置情報を記録しておくことができ、別の端末からポーリング要求を出すと、ここに掲載されているコメントが返ってくる仕組みになっています。
その為、仲間の間では、ここに位置情報を自動記録するように設定しておき、お互いの連絡を取り合う時に位置情報を要求するのが通例となっています(笑)
ゆうパック3
写真がポーリングにより返ってきたメールです。
メールの本文には、相手が位置情報を更新した日時と、具体的な位置情報が入っています。直接的な原因は不明ですが、位置情報なしが返ってくるケースもありました。
また受信者側が掲示板機能をONにしていない場合は「掲示板データなし」という言葉が返ってきます(機種により返答機能が無いものもあります)。
ゆうパック4
受信者側もポーリング要求があったメールには[P]マークが入るので、通常のメールとは区別することが出来ます。この機能はスカイメール機能が搭載されている機種はほとんど対応している為、ツーカーセルラーの機種も掲示板機能が存在します。
ただしツーカー系では位置情報の取得はできませんので、掲示板には手入力したメッセージしか格納することができません。
逆にツーカーセルラー→位置情報対応のボーダフォン端末にポーリング要求すると、位置情報が返ってきます。
これらの機能を活用して、移動中の電源ON端末に向けてポーリング要求することにより、リアルタイムで基地局を把握することができるようになります。
2.実験スタート
高山郵便局
午前10時30分頃自宅を出発して、移動中の車内でも正確に位置情報を取得できることを確認しながら、約40分離れた吾妻郡高山村の高山郵便局に到着しました。
発送日は土曜日だった為、群馬県では普通郵便局の一部しか営業していません。高山郵便局は集配業務を行う特定郵便局のようで、時間外窓口にて発送する形となりました。余談ですが、普通郵便局と特定郵便局を簡単に見分ける方法ですが、消印を押してもらった時に県名が入る郵便局は特定郵便局だと聞いたことがあります。ただし人口5万人を基準に、概ね5万人以上の都市にある郵便局は特定郵便局でも県名が入らないということです。
3.群馬県内での移動
群馬県内移動表
上記の結果から、比較的早い時間に中之条町もしくは吾妻町付近に出た荷物は、午後3時前に、高崎に向けて出発をしたようです。吾妻方面から高崎市内までは特に寄り道はしていないようです。高崎では群馬県内の郵便物が集結する高崎郵便局にて、付近の局にハンドオーバーを繰り返しながら、県外への発送に向けて待っていた事になります。
高崎郵便局
群馬県地図
*注:矢印の示す方向はイメージです。正確な経路ではありません。
4.群馬から埼玉へ
埼玉県内
長い時間、高崎市内に停滞していた荷物はようやく動き出しました。関越道走行中に拾う位置情報を同じものを取得することが出来ましたので、恐らく関越道を順調に南下していったものだと推測できます。途中、川越を過ぎたあたりからペースダウンしたことと位置情報の履歴から推測すると、所沢ICで一般道に降りた模様です。所沢ICからさいたま市街地方面に進行しています。
さいたま市内では、大規模な設備を備えている“さいたま新都心郵便局”に入ったものだと思います。ここで各方面へ再度仕分けされ、東北方面へ出発していく為の準備をしているのでしょう。
さいたま新都心
写真は高崎線から撮影した、さいたま新都心郵便局が入っている郵政公社の庁舎です。撮影日も「高速便」と書かれたトラックを確認することができました。関東発の郵便物は、この郵便局を経由して、各地方へ出発するようです。
埼玉県地図
*注:矢印の示す方向はイメージです。正確な経路ではありません。
5.埼玉から宮城へ
東北移動
さいたま新都心郵便局にて約1時間滞在した後、さいたま市内を経て東北道に乗ったようです。夜中なので追跡が完璧ではありませんが、順調に埼玉→栃木→福島→宮城を経ている様子が分かります。午前6時半頃には仙台市にある新仙台郵便局(宮城県内のとりまとめ局と推定)に到着しています。この日の午前中は位置情報に変化がなく、11:59頃まで同じ位置情報を記録しています。
福島地図
*注:矢印の示す方向はイメージです。正確な経路ではありません。
6.宮城県内での移動
宮城移動
新仙台郵便局に長時間滞在したあと、再び東北道に入り、順調に北上していきました。配達先である築館町には、最寄りインターチェンジの築館ICを利用すると予想していたのですが、一度、宮城県最北の若柳金成ICまで走行したようです。そこから、恐らく周辺の集配郵便局(金成郵便局?、志波姫郵便局?)をまわり、栗原郡の中心である築館郵便局に入ったようです。
宮城地図
*注:矢印の示す方向はイメージです。正確な経路ではありません。
このように、発送した荷物は各地を経由して、約24時間かけて目的地に到着しました。新仙台郵便局での滞在が長かったようですが、予定どおり翌日午後には配達されました。実験にあたり5名が時間差で計156通のメールを送りましたが、満充電で発送した端末の電池はまだ3本表示のままでした(現地で使い始めて、すぐに2本表示になったそうです)。2日間に渡る実験は成功に終わりましたが、細かい点で課題が残りました。電池には問題が無いようなので、今後は全国各地への発送を実験対象としたいと思います。
追跡
【注意】位置情報は基地局が切り替わる度、毎回自動で変化されるものではありません。ある程度のきっかけ作りをしておかないと更新されないため、表示されている時間よりも前に、位置情報が示す地点を通過している可能性があります。また圏外等で長時間変化が無い場合もありますので、すべてが正確なデータではありません。
最後に実験にご協力をいただきました皆様に感謝申し上げます。今回の実験では、郵政公社のWEBサイトに掲載された情報を熟読し、確認できる範囲で問題が無いと判断しています。また携帯電話の本体が入っていることを明確に記入していますが、大々的な実験等を行う前には、必ず関係機関に確認や承諾をとってから進めて下さい。

北群馬郡小野上村小野子、榛名富士山頂での調査

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

【1】北群馬郡小野上村小野子 藤田地区での調査
 
 群馬OFF開催2日目のイベントとして、渋川市から高山村(中山峠)を抜け、新治村まで行きました。その途中にあるNTTドコモSS小野上藤田局付近にて遠距離受信の実験を行いました。
小野上1
実験場所の近くには、超低空の高圧線電柱があり、かつて日本テレビで放送されていた「投稿!特報王国」という番組等、いくつかのテレビ番組や雑誌等でも紹介されたポイントがあります。
ここからは渋川市を挟んで、伊香保温泉街を一望することができますが、関東平野を一望できる場所の為、多くの位置情報が飛び込んでくるものと想定して実験を行いました。
 1.北群馬郡伊香保町大字伊香保…約8.4km。位置情報記録有り
 2.前橋市大手町…約21.2km。位置情報記録有り
 3.前橋市新前橋町…約21.8km。位置情報記録有り
 4.高崎市小八木町…約22.9km。位置情報記録有り
 5.高崎市高砂町…約25.8km。位置情報記録有り
 6.高崎市双葉町…約28.0km。位置情報記録有り
 7.高崎市上豊岡町…約24.8km。位置情報記録できず(非公式)
 8.埼玉県児玉郡児玉町大字児玉…約43.8km。位置情報記録できず(非公式)
 1〜6については位置情報、経緯度をサーバに記録し、7、8については端末表示で1回のみ確認することができました。実際に通信できるかどうかは検証していません。主な位置関係を下図のとおり作成してみましたが、プロット位置は手入力の為、若干の誤差があります。直線距離に関しては、ゼンリン電子地図帳にて100m単位で測定しましたので、ほとんど誤差がありません。
小野上地図
小野上2
NTTドコモはPDC局であるSS小野上藤田(上写真)があり、auは北群馬郡伊香保町大字伊香保か渋川市川島の最寄り局を拾うようです。ボーダフォンは最寄り局が無い為、約20km以上離れた遠方の局を拾ってしまうようです。また子持山と小野子山に挟まれた開けた地形である為、より多くの電波を拾うことができるものと考えられます。なお位置情報記録は青森県のTさんにお願いし、J-SH09にて記録していただきました。7,8の結果に関してはPJ東海契約のJ-SH08にて取得しました。
【2】榛名富士山頂付近での調査
 
 群馬OFF3日目の目的地、榛名富士山頂付近にて実験を行いました。少し離れた二ツ岳には群馬県内の主要地区をカバーするテレビ中継局がある為、非常に見晴らしが良い場所で、高崎市街地をはじめ、関東平野が一望できる場所のひとつとなっています。
榛名1
非常に多くの登山者がいる中、団体が記念写真を撮っていることも気にせずに実験を行いました(^^; 約20分の間、山頂付近を占領して各端末による実験を進めました。
榛名2
三角点付近での実験結果は下記のとおりです。アルファベットは上記の地図に対応しています。
 A.群馬県吾妻郡中之条町大字四万…約23.3km。位置情報記録有り
 B.群馬県勢多郡赤城村大字津久田…約16.9km。記録できず。
 結果、北側の限られた場所にて中之条町大字四万、三角点付近にて赤城村大字津久田と2つの位置情報しか拾うことができませんでした。予想外の結果にショックでしたが、せっかく登頂しましたので、各キャリアの通話チェックを実行してみました。
結果一覧表
3月12日(金)〜14日(日)までの群馬OFFは無事に終了しました。
榛名3