3G位置情報 Ver.2

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

3G位置情報のAPIが、私が留守中に公開されていたので、少しだけ位置情報取得プログラムの内容を変更してみました。
3G位置情報2-1
こんな感じで903Tを使ってGPS情報を取得できるようになりました。903T以外の機種でここをクリックするとエラーになりますので、通常の簡易位置情報(基地局付近)の情報を取得することになります。現在実験に参加していただいている方で903Tを使っている方はいないようなので、しばらくは使えないボタンになりますが、何かの時の為に付けておいても損はないかと思って追加しました。
3G位置情報2-2
ちなみに簡易位置情報を送出する前に必ず確認が入りますが『今後確認せず送信』を選択すると、この煩わしいワンクッションが省略できます。この設定はいつでもVodafone live!のブラウザ設定にて変更できます。
ところが、この『確認せず送信』をしてしまうと、位置情報を取得した後にブラウザの「戻る」ボタンが使えなくなってしまいます。これは私が作成したプログラムだけでなく、他所の公式サイトでも同様の挙動を確認しています。その為、常に確認画面を出さないと連続的に取得することが出来なくなります。
ど素人なので色々と不安要素があります。今後、大幅なバージョンアップの予定はありませんが、自分自身の勉強の為と、プログラミングの参考書籍をいくつか購入してきました。もうプログラミングという作業から5年以上は遠ざかっていますし、5年前でも主力でやっていたわけではないので、色々なソースを見よう見まねで作るのが精一杯です。自分自身の構想を端的に実現する為にも、余裕があれば勉強してみたいと思っています(が、あまり期待しないで下さい)。

3G位置情報 経緯度取得プログラム

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

3G位置情報についてのAPIが発表されていませんが、既知の情報だけを寄せ集めて経緯度を取得するプログラムを作ってみました。
3G位置情報
PDC版と違い、基地局の地名は流れてこないようなので、経緯度を算出して、そこから地図サイトへのリンクを作っただけになります。有料サイトを使いませんので、リーズナブルな金額で3Gの基地局を発見することができます。大型の収容かんがある局については3つの経緯度が取れるようです。小型基地局が設置してある局については、関東の場合NB341の設置個数により取得できる経緯度の数が異なります。ほとんどが1セクターのシンプル仕様のようですが、中にはNB341×3基という豪華仕様?のところもあります。そんなことが分かりますので、面白いツールだと思います。
APIが公開されれば、優秀な方々が公開すると思いますので、それまでのつなぎとして使っています。対象機種をお持ちの方で、この経緯度取得プログラムを使ってみたい方はメール下さい。その際、必ず機種名をメールに記載して下さい。「仕様を教えて!?」という質問は勘弁です。私自身がプログラムに関しては素人同然ですので…。

3G簡易位置情報サービスイン

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

3G位置情報
ボーダフォン3Gにて簡易位置情報の提供が開始されました。待ちに待った機能です。PDC方式のように地名と経緯度が送られるのではなく、経緯度だけ?かと予測していますが、いずれWEB仕様が公開されるようなので、今後の楽しみが増えました。これで902Tが活躍しそうです。
ちなみにボーダフォンは、8月までに確認できた基地局のすべてをまわり終わってしまい、残りは1局のみとなっています。この位置情報スタートを機に、再度いろいろと調査してみるのも面白いかもしれません。また少しずつではありますが新局も出来ているので、その調査にも使えそうです。いずれにせよ公式サイトでは制約が大きいので、PDC方式のようにWEB仕様が公開されるまではお預けとなりそうです。

北群馬郡小野上村小野子、榛名富士山頂での調査

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

【1】北群馬郡小野上村小野子 藤田地区での調査
 
 群馬OFF開催2日目のイベントとして、渋川市から高山村(中山峠)を抜け、新治村まで行きました。その途中にあるNTTドコモSS小野上藤田局付近にて遠距離受信の実験を行いました。
小野上1
実験場所の近くには、超低空の高圧線電柱があり、かつて日本テレビで放送されていた「投稿!特報王国」という番組等、いくつかのテレビ番組や雑誌等でも紹介されたポイントがあります。
ここからは渋川市を挟んで、伊香保温泉街を一望することができますが、関東平野を一望できる場所の為、多くの位置情報が飛び込んでくるものと想定して実験を行いました。
 1.北群馬郡伊香保町大字伊香保…約8.4km。位置情報記録有り
 2.前橋市大手町…約21.2km。位置情報記録有り
 3.前橋市新前橋町…約21.8km。位置情報記録有り
 4.高崎市小八木町…約22.9km。位置情報記録有り
 5.高崎市高砂町…約25.8km。位置情報記録有り
 6.高崎市双葉町…約28.0km。位置情報記録有り
 7.高崎市上豊岡町…約24.8km。位置情報記録できず(非公式)
 8.埼玉県児玉郡児玉町大字児玉…約43.8km。位置情報記録できず(非公式)
 1〜6については位置情報、経緯度をサーバに記録し、7、8については端末表示で1回のみ確認することができました。実際に通信できるかどうかは検証していません。主な位置関係を下図のとおり作成してみましたが、プロット位置は手入力の為、若干の誤差があります。直線距離に関しては、ゼンリン電子地図帳にて100m単位で測定しましたので、ほとんど誤差がありません。
小野上地図
小野上2
NTTドコモはPDC局であるSS小野上藤田(上写真)があり、auは北群馬郡伊香保町大字伊香保か渋川市川島の最寄り局を拾うようです。ボーダフォンは最寄り局が無い為、約20km以上離れた遠方の局を拾ってしまうようです。また子持山と小野子山に挟まれた開けた地形である為、より多くの電波を拾うことができるものと考えられます。なお位置情報記録は青森県のTさんにお願いし、J-SH09にて記録していただきました。7,8の結果に関してはPJ東海契約のJ-SH08にて取得しました。
【2】榛名富士山頂付近での調査
 
 群馬OFF3日目の目的地、榛名富士山頂付近にて実験を行いました。少し離れた二ツ岳には群馬県内の主要地区をカバーするテレビ中継局がある為、非常に見晴らしが良い場所で、高崎市街地をはじめ、関東平野が一望できる場所のひとつとなっています。
榛名1
非常に多くの登山者がいる中、団体が記念写真を撮っていることも気にせずに実験を行いました(^^; 約20分の間、山頂付近を占領して各端末による実験を進めました。
榛名2
三角点付近での実験結果は下記のとおりです。アルファベットは上記の地図に対応しています。
 A.群馬県吾妻郡中之条町大字四万…約23.3km。位置情報記録有り
 B.群馬県勢多郡赤城村大字津久田…約16.9km。記録できず。
 結果、北側の限られた場所にて中之条町大字四万、三角点付近にて赤城村大字津久田と2つの位置情報しか拾うことができませんでした。予想外の結果にショックでしたが、せっかく登頂しましたので、各キャリアの通話チェックを実行してみました。
結果一覧表
3月12日(金)〜14日(日)までの群馬OFFは無事に終了しました。
榛名3

群馬県庁展望ホールでの調査

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

約2年半ぶりの訪問、プライベートでは初めてという群馬県庁の展望ホールで調査をしてみました。
群馬県庁1
地上33階、地下3階建ての県庁本庁舎です。32階部分が展望ホール、31階部分がレストランとなっており、1階から直通エレベータが運行しています。上りは高層階用エレベータ(20階以上)、下りは直通エレベータを利用しました。資料によると展望ホールの地上高は約127mとのことです。
高層階で携帯電話を利用することは非常に困難であると言われています。都心部の高層ビルには必ず屋内型基地局装置が導入されていますが、全く導入されていない群馬県庁でどのような結果が出るのでしょうか。
群馬県庁2
実験場所は32階展望ホールの窓際になります。窓際に手荷物が置ける手すりのようなスペースがありますので、そこに端末を並べて実験を進めました。
なお基地局の所在地名はステーション機能の位置情報をそのまま転記しました。また距離については、ゼンリン電子地図帳Z IVを利用し直線距離測定機能により算出したものとなります。手作業が含まれますので、若干の誤差があります。
■東側実験結果
群馬県庁3
 1.群馬県前橋市大手町(約450m東)
目の前に見える局です。これ以外の局は拾いませんでした。またauも直近の前橋市本町を拾っていた事から、東側は直近の局を利用するため、非常に快適な通話が出来ているものだと思います。
■西側実験結果
群馬県庁4
 1.群馬県前橋市新前橋町(約1450m南西)
 2.群馬県群馬郡箕郷町大字柏木沢(約7700m西)
西側は窓が少なかった為、展望ホール専用エレベータ2基に挟まれた場所で調査を実行し、南寄りに端末を向けると1の前橋市新前橋町、やや西寄りに端末を向けると2の群馬郡箕郷町大字柏木沢が表示され、いたって普通の結果でした。通話品質には問題がありません。
■南側実験結果
群馬県庁5
 1.群馬県前橋市公田町(約5900m南)
何度も更新しても上記の局しか拾いませんでした。比較的離れた場所にありますが、通話も良好でした。群馬県庁よりも南側に基地局が存在しないことが原因のようですが、前橋市新前橋町を拾っても良さそうな気がします。改めて考えてみると、実験場所が比較的南東側の窓だったことから、前橋市新前橋町を拾わなかった可能性があります。auは前橋市新前橋町から1キロ以上離れた、前橋市鳥羽町の位置情報を拾いました。
■北側実験結果
群馬県庁6
 1.群馬県前橋市下小出町(約2300m北)
 2.群馬県前橋市大手町(約450m東)
 3.群馬県勢多郡北橘村大字八崎(約11800m北)
特に3の勢多郡北橘村大字八崎は、実験中何度も表示していました(ただし位置情報の更新には時間がかかる模様)。この局を拾った時の通話品質も問題がありません。1の前橋市下小出町は初回の更新で出現しましたが、その後の更新では表示されませんでした。
■上記に登場した場所の位置関係について
群馬県庁地図
この調査につきましては茂木ネットワークセンターさんに協力をいただきながら実行しました。当コンテンツではVodafoneの位置情報を中心にお伝えしましたが、茂木ネットワークセンターさんのページ(山での携帯発信テスト)では、各キャリアの発着信状況、位置情報などが詳しく紹介されていますので、ぜひご覧下さい。
群馬県庁7
※写真は南側にて山梨県のポケベルエリアを検出した時の様子です。
今回の調査にあたり、高層階での携帯電話発着信が非常に困難であると言われていますが、群馬県庁に限っては携帯電話は比較的問題無し、PHSに関しては若干不安定という結論になりました。県庁舎の他のフロアでも問題ありませんでしたが、地階では圏外になるという話です(休日の為、地階へは進入できず)。
群馬県では非常に少ない高層ビルですので、貴重な体験となりました。次回は高崎市役所(地上21階、高さ102m)で挑戦したいと思います(笑)

Continue reading “群馬県庁展望ホールでの調査”