さんぽで三県!!三県境モバイルスタンプラリーに参加

2017年2月10日~3月26日まで開催されている「さんぽで三県!!三県境モバイルスタンプラリー」に参加してきました。

これは埼玉県・群馬県・栃木県の三県境が平地にあり歩いて行ける観光スポットになったことから、埼玉県加須市・群馬県板倉町・栃木県栃木市が共同でキャンペーンを行っているもので、GPS付きスマートフォンを利用して各チェックポイントをまわるモバイルスタンプラリーです。


■ 雷電神社(群馬県邑楽郡板倉町)

群馬県側から進みましたので、まず第一に雷電神社を参拝しました。神社には大きな立て看板があり、チェックポイントであることが確認できます。

神社を参拝後、鳥居の前でチェックインを済ませました。


■ 栃木市藤岡遊水地会館(栃木県栃木市 旧藤岡町)

建物1階が資料館や情報コーナーになっていました。当初、入り方が分かりませんでしたが、この建物の裏側に駐車場入口がありました(写真撮影場所にも出入口がありますが、歩行者用となっており車の出入りは出来ません)。

資料館見学後、駐車場で無事にチェックインを済ませました。


■三県境(埼玉県加須市・群馬県板倉町・栃木県藤岡町)

モバイルスタンプラリーのサイトでは北川辺スポーツ遊楽館(道の駅きたかわべ)から歩いて行くように案内がありました(現地に駐車場が無いため)。

ただし、ほんの数台ですが加須市が公園の駐車場を臨時駐車場として開放しているため、公園利用者がいなければ近くに車を停めることができます。

道の駅きたかわべの乗用車用駐車場が満車だったので、今回は加須市の公園駐車場を利用させて頂きました。

三県境周辺には最近整備されたと思われる新しい看板があるので道を迷うことはありません。

こちらが三県境になります。この手書き看板はテレビや新聞等で見たことがありました。

三県境には2016年に正式な測量をして杭が打たれています。この杭の周りを各県1歩ずつまわれば、モバイルスタンプラリーのキャッチコピーである「さんぽで三県」が実現できます。

三県境の杭でチェックインを済ませました。

三県境の近く、群馬側にはNTTドコモの基地局「CV板倉海老瀬RK」があります。

少々見づらい映像になってしまいましたが、三県境を10秒で周っている様子です。


■北川辺スポーツ遊学館(埼玉県加須市 旧北川辺町)

道の駅きたかわべの敷地にある北川辺スポーツ遊学館です。道の駅の食堂でチェックインをしようと思ったら、チェックインポイントから離れているという警告が出たので、建物前でチェックインしました。

遊学館2階の受付でスマートフォンを提示して、職員の方が最後の操作をすると画面に引き換え番号が表示されます。引き換え台帳に受け取りのサインを記入すると、到達賞としてオリジナルモバイルチャージャー(5V/1A/2000mAhタイプ)を頂くことができます。

さらにWチャンスの抽選を行うことができ、スマートフォン上に表示される操作に従って抽選を行うと、その場で当落が分かります(残念ながら外れてしまいました)。

※到達賞は数に限りがあるとのことで、イベント期間終了の2017年3月26日までに配布が終了してしまう場合があります。ご注意下さい。

北川辺スポーツ遊学館の屋上から撮影した三県境です。屋上には望遠鏡も設置されており渡良瀬遊水地や筑波山方面を一望することができます。

各チェックポイントが微妙に離れているので徒歩で全チェックポイントの訪問は難しいのですが、自家用車以外にもレンタルサイクルが用意されているようですので、各自治体のWEBサイト等の情報収集してからお出かけ下さい。

 

Raspberry Pi ラジオサーバー導入

2016年5月に超小型PC Raspberry Pi3を導入して、StarStoneSoftware Development Inc.(スタアストーンソフト)様が開発並びに販売されているRaspberry Pi用の「ホームラジオ」というSDカードイメージファイルを使用して、家庭内で気軽にradikoが再生できる環境を構築しました。

参考記事:Raspberry Pi3とホームラジオで手軽にradiko録音環境を構築

前回導入した「ホームラジオ」では、Raspberry Piに接続した外部スピーカーからradikoの音声や録音したファイルの再生が出来ましたが、今回は「ラジオサーバー」を導入し、radikoの録音並びに外出先からのリモートアクセスによるストリーミングサーバーを稼働させることにしました。

「ホームラジオ」でも録音や、手動でルーターのポート開放が出来れば、ラジオサーバーに限りなく近い事が実現出来ましたが、より簡単かつ細かい設定が出来ることや、ストリーミングサーバーとしても機能することから「ラジオサーバー」に変更しました。

radiosv01

こちらがライブ画面です。現在放送している各放送局のradiko音声がストリーミングで流れます。音声の出力はアクセスしたPCやスマホから流れる事になります。

radiosv02

「ラジオサーバー」に実装されている親切機能です。

UPnPに対応したルーターを利用している環境であれば、必要なポートを自動的に開放してくれる機能です。

また一部のダイナミックDNSサービスにも対応しており、可変するIPアドレスを検知して定期的にダイナミックDNSの情報更新が可能です。

私の環境では固定IPアドレスに非対応のISPに加入していますが、契約して以来ルーターを再起動しても数時間止めていても一度もIPアドレスが変更されないので、ほぼ固定IPアドレスと考えて、現在のところダイナミックDNSは利用していません。

radiosv03

そして今回「ホームラジオ」から「ラジオサーバー」に鞍替えする一番の理由は、ローカル固定IPアドレスの付与ができることです。「ホームラジオ」ではDHCPでの割り当てに限定されていましたが、固定IPアドレスが設定できることで、ルーターのポート開放だけでなく、ローカル環境からのアクセスが飛躍的に楽になります。

radiosv06

これだけ小さな筐体がradikoの音声を何十時間も録音できるサーバーになるなんて、少し前では考えられなかった技術革新です。

radiosv04

ストリーミングでの再生はAndroidのChromeブラウザーを利用しています。通知画面にも再生や一時停止ボタンが表示されるので非常に便利です。

Androidの他ブラウザやiPhoneのSafariでも試しましたが、録音ファイルの再生時に、画面を閉じたりロックを掛けたりすると一時停止の場所が保持されずファイルの冒頭に戻って再生されてしまうことがありますが、Chromeではブラウザを意図的に終了しない限り、常に一時停止状態を保持してくれるようで便利です。

radiosv05

再生中、端末がロック状態になっても再生や一時停止をするボタンが通知欄に表示されています。この画面は再生中にスクリーンショットを撮影したものになります。

Raspberry Piをお持ちでradikoに興味のある方は、ぜひ一度試用してみることをオススメします。シェアウェアですが、初回起動から8時間以内であれば、自動バージョンアップ機能を除くフル機能が試用可能という親切設計です(もう少し試用したければ、電源再投入で起動時間がリセットされて再度8時間以内の試用ができます)。
私自身も久しぶりに「ラジオサーバー」を試用してみたところ、昨年時点よりも機能が大幅に追加されており、自分自身の使い方に合っているのはラジオサーバーのほうではないかと思い直して購入しました。
(「ホームラジオ」唯一の利点として、Raspberry Piの無線LANが利用できることでしたが、無線LANアクセスポイントの電源が落ちてしまうと、Raspberry Pi側で自動再接続してくれないので、結局有線LANで使っていました)

私は「ラジオサーバー」導入により、低速かつ低額で提供されているMVNOのSIMを差したスマホから自宅にアクセスして聴取する予定です(検証では200kbpsしか出ないOCNや楽天モバイルのSIMでも充分聴取可能でした)。

リンク:StarStoneSoftware Development Inc.(スタアストーンソフト)


Raspberry Pi 3 MODEL B 【RS正規流通品】

RF Explorerと7インチWindowsタブレット

Windows10 Homeがプリインストールされた7インチタブレット KEIAN KVI-70B を購入しました。

製品情報:KVI-70B KEIAN / Windowsタブレット

kvi-70b_01

モバイルガジェット愛用歴20年の中で、多くのガジェットを手にしましたが、このサイズのものは初めてなので、ピッタリと合うケースを持っておらず、色々と探したところ100円ショップダイソーで見つけた「タブレット ケース mini (写真上、品番786)」が良い感じだったので愛用しています。

10インチ液晶のタブレット(Lenovo YOGA Tablet2)も所有していますが、具体的に何がやりたいという訳でもなく、1万円以下で買えるタブレットかつとにかく小さいものを探していたら国内流通で技適問題もクリアした当機を見つけたので購入してみました。

早速、RF Explorerを接続して簡易スペアナ機能を試してみることにしました。

kvi-70b_02

タブレットのスペックが心配でしたが、RF ExplorerのWindowsクライアントは問題なく作動しました。非常にコンパクトな構成かつ、波形のキャプチャーがすぐに保存できるので、今後はKVI-70BとRF Explorerを一緒に持ち歩く機会が増えそうです。

kvi-70b_03

地元群馬のホームセンター「カインズ」でオリジナル商品のウエストポーチがあったのでRF Explorerを入れてみました。

製品情報:ウエストポーチポケットタイプ KSB11

RF Explorerの本体はポーチの中に隠れ、ポーチは肩掛けしてタブレットだけ手持ちするスタイルが実現出来そうです(肩掛けせずにストラップを取り外してベルトに通すこともできます)。

kvi-70b_04

やや窮屈になりますが、ポーチの中にRF Explorerとタブレットを一緒に入れる事も出来ました(左上がタブレットです)。

用途がはっきりしない状態でタブレットを購入しましたが、このサイズであれば様々な活用方法を見いだせそうなので、しばらくお供に持ち歩いてみたいと思います。

余談ですが、WindowsUpdateを可能な限り適用させ、使ってみたいアプリケーションをいくつかインストールした時点で、Cドライブの空き容量が1GBを下回ってしまったため、これ以上のアプリの追加は控えています。

KEIAN 7インチ Windowsタブレット Windows10 Home 32bit Bay Trail Z3735G 4C/4T CPU 1024×600 IPS 広視野角液晶 DDR3-L DRAM 1GB ブラック KVI-70B

NTT東・光ポータブル PWR-100F(SIMフリー)到着

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

NTT東日本の光ポータブルSIMロック無し版 PWR-100Fが到着しました。6月17日、予約受付開始の初日 9:12に申し込みをしましたが、6月29日に申し込み確認と発送遅延連絡の電話がありました。その後、7月23日に発送日確定の連絡がありました。当初の予定では8月6日着予定とのことでしたが、1日早い8月5日に到着しました。
将来的に良いサービスに転換できるようSIMフリー版を選択しましたが、現在はFOMAの定額データプランで稼働させます。さらにモバイル通信だけでなく、公衆無線LANやよく使う自宅等の無線LANのプロファイルを登録することが出来るとのことで、まずは自分が使いそうなものを登録してみました。

ルータのIPアドレスを開くと、ログインする前に状態が表示されます。これは自宅の無線LANを使ってインターネットに接続されていることを表しています。

FOMA網で通信している場合は、上記のような画面になります。
状態表示画面からログインすると様々な設定が出来るようになります。設定項目の大部分はバッファロー製のルータと酷似していますので、ポートの設定、無線LANセキュリティの設定等をバッファローで慣れている私にとっては非常にわかりやすい構成でした。

モバイル通信(3G/HSPA)のプロファイルを入力する画面です。SIMフリー版は、標準でイー・モバイルのデータ通信設定(通常契約とプリペイド契約の2種類)がプリセットされています。イーモバ以外の通信を利用する場合は、すべて「その他」の扱いになります。

こちらはモバイル通信(3G/HSPA)以外に無線LAN接続を親回線とする場合の設定です。細かいモードの指定がありますが、無線LAN-3G/HSPA切り替えモードは、通信状況により利用回線が自動選択される標準モードにしてみました。

無線LANを利用した親回線のプロファイルをいくつか作りました。自宅の無線LAN、BBモバイルポイント、NTT東日本のフレッツ・スポット、livedoorワイヤレスのSSIDとWEPキーを登録しました。
フレッツ・スポットに関しては、利用する機器のMACアドレスを事前にNTT側に登録しなければならないので、光ポータブルのMACアドレスを申請しました。またPPPoEに対応したクライアントから設定することが標準とされていますが、光ポータブルにはフレッツ・ネットにアクセスする為の自動設定ページが用意されています(上記画像でも種別がTemplateになっているのが、自動設定したからです)。

ステータス画面です。この時の状況は親回線として無線LANには接続しておらず、3G回線のみ接続されている形となります。

次に親回線の無線LANが有効になっている状態のステータス画面です。この状態でも3G(FOMA)が接続状態となっているようです。
自宅の無線LAN環境下にいても、FOMA(3G)で接続していることがあるので、先に紹介した無線LAN-3G/HSPA切り替えモードの「標準モード」がどのような判定をしているのかがいまいち理解できませんでした。
まだ本格的に使っていませんが、第一印象としては「こんな細かい設定まで出来るんだ」という印象です。モバイル通信(3G/HSPA)だけでなく、親回線を公衆無線LANとすることや、付属のクレードルにLANポートが装備されていて、親回線を有線LAN(ONU直結等)にして光ポータブルを無線LANルータとして使うこともできますし、モバイル回線で通信している際に有線LANで接続したクライアントも参加させることができる等、細かなモード切替で様々なシーンで活用できる1台だと思います。
仕事柄、現場で仮設LAN環境を作ることが多いので、まさにこれは待っていた1台です。今後、公衆無線LAN回線を親回線とした利用も実践してみたいと思います。面白いネタがあれば追って紹介します。
-------------
以下、楽天へのリンクです。
市販品、FOMA回線のSIMロック有りですが、ある程度市場に流れてきて、在庫なし状況は解消されてきているようです。

NTTドコモ「定額データプラン」割引キャンペーン対応 モバイルWiFiルーターDWR-PG【送料無料】…

FOMA 定額データプラン

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

FOMAの定額データプランを契約してから、ずっと最低料金(約1,000円)で寝かせていましたが、今月からフル活用するようになりました。

昨日、外で2時間ほど仕事をした結果は約24万パケットでした。14万パケットを超えれば上限なので、今月はもう上限金額の請求が確定しました。
以前加入していた定額データプランHIGH-SPEEDでは、50万パケットまでは最低額(約3,500円)、そこから従量で上限に達するには70万パケットだったと記憶していますので、やはり私の使い方では以前のプランのほうが合っていました。
従来のFOMA定額データプランHIGH-SPEEDはイーモバのPocket Wi-Fi購入により引退させました。その後、イーモバのエリアでは物足りず、FOMAエリアが使えるb-mobile SIM U300に移行し、最終的には速度とエリアの問題でまたドコモに戻ってきましたが、すでに旧プランは受付終了となっていました。
今後、NTT東の光ポータブルが到着すれば、FOMA主流になると思いますので、今後はあまり浮気をせずに高いけどFOMAだけでがんばっていこうと思います。
(単に使い比べてみるのが好きだということが前提にあるので、FOMAが良いと言いながらも他社を使うことは肯定的です。笑!)