電測アプリ: Network Signal Guru導入

最近TwitterでNetwork Signal GuruというAndroidアプリを使用して、いわゆる電測のような事をやっている方が増えてきているので、どんなものかと試しに導入してみることにしました。

ze170121a

Playストアで普通にダウンロード出来ます。ただしAndroid端末内のシステム権限を自由に操作できる、root化が必要になるため、二の足を踏んでしまいます。

そこでroot化の手順が広く公開されており、Network Signal Guruの動作実績があるとTwitterで紹介されていた ZenFone 2 Laser (ZE500KL) を購入して、遊び(実験)専用端末として使ってみることにしました。

root化に際しては故障時にメーカー保証が適用されないことや、失敗した場合に起動しなくなる、いわゆる文鎮化のリスクがありますので、自己責任かつ自己判断で実施していただきますようお願いします(あえてここではroot化手順の紹介は割愛させていただきますが、ネット検索ですぐに見つかります)。

またroot化が検出された場合に起動しなくなるアプリも多数ありますので、普段使いの端末をroot化することだけは避けたほうが無難です。

ze170121b

ZenFone 2 Laser はデュアルSIM仕様です。ただし単純にSIMが2枚入るだけなので、優先SIMカードの設定をして、使用したいSIMを選択する必要があります。

ze170121c

SIMの切り替えには約20秒要します。また、優先SIM以外のSIMに関しては発着信が出来ません。

※最近SIMフリースマホ市場に登場したDSDS(Dual SIM Dual Standby)対応機であれば、SIM1/SIM2両方の同時待ち受けが可能です。

私はSIM1にドコモのMVNOであるOCNモバイルONEのデータ通信契約SIM、SIM2にY!mobileのスマホプランSIMを差して、電話の発着信が出来るSIM2(Y!mobile)で使用することにしました。

ただしroot化にあたり不安もありましたので、電話帳などの個人情報を含むものは端末に一切保存しないことや、発着信履歴などは速やかに削除しながら使うことにしました。

ze170121d

こちらがNetwork Signal Guruの画面です。これはドコモの2GHz帯LTE基地局と通信している様子になります。

起動時にはメインで掴んでいるBandと、周辺セルの情報が表示されますが、周辺セルの情報もメインで掴んでいるBandと同じもの(上記の例ではBand1)が表示される事が多いようです(異なったBandのセルが列挙されることもあります)。

ze170121e

Network Signal Guruの大きな特長として、使用したい周波数帯(Band)を固定することができます。現在は全Bandにチェックが入っていますが、例えばドコモの800MHz帯だけ使用したい場合は、B19だけにチェックを入れれば大丈夫です。

またSIM1に対してBand固定が有効になり、SIM2に切り替えた際にはBand固定が有効にならない現象を確認しています。Band固定目的でNetwork Signal Guruを使用したい場合は、メインのSIMをSIM1に差す必要がありそうです。

ただし携帯電話キャリアはBand固定した移動機をユーザが使用することを想定していないので、Band固定の使用中にトラブルが発生しても自己責任ということになります。

ze170121g

ネットワーク方式の固定も可能です。原則AUTOで運用されていますが、WCDMA(3G)だけ、LTEだけという選択も可能です。ネットワーク方式を限定することは、他のAndroidスマホ等でも実現可能ですので、特筆すべき点ではありません。


それでは国内主要キャリアのSIMを使い、Network Signal Guruの画面がどのように表示されるかを紹介します。

  1. NTTドコモの場合
    ze170121h
    この画面では800MHz帯のLTE基地局(Band19)と通信していることが分かります。周辺情報として2GHz帯(Band1)、1.7GHz帯(Band3)の電波も拾っていることが分かります。

  2. KDDIの場合
    ze170121i
    この画面では2GHz帯のLTE基地局(Band1)と通信していることが分かります。周辺情報にもBand1の基地局しか表示されていません。Band固定をしたところ、800MHz帯のLTE基地局(Band18)の情報も表示されました。

  3. ソフトバンク/Y!mobileの場合
    ze170121j
    この画面では900MHz帯のLTE基地局(Band8)と通信していることが分かります。周辺情報として2GHz帯(Band1)の電波も拾っていることが分かります。旧イー・モバイルの1.7GHz帯(Band3)を拾うこともあります。
    ※ソフトバンク系のSIMでは、周辺情報に複数のBandが混ざりながら表示されることが多いようです。

このようにNetwork Signal Guruでは、使用できる周波数帯の情報が簡単に表示されます。

特筆すべき点としては、ZenFone 2 Laserは全国各地でエリアが広がりつつある700MHz帯(Band28)にも対応している点です。
まだ700MHz帯発射地域での挙動を確認していませんが、700MHz帯開始と共に導入した簡易スペアナ RF Explorer と合わせて、正確に開局状況を特定することができます。こちらについても後日確認予定です。

ze170121k

デュアルSIM仕様とは言え、実質使用できるSIMは1枚なので、端末が安価になったこの時期にドコモ用、KDDI用、ソフトバンク用と3台揃えてしまうこともアリかと思ってしまいました(幸いな事にカラーラインナップも複数ありますし・・・苦笑)。

エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone 2 Laser(Qualcomm Snapdragon 410/メモリ 2GB)16GB ホワイト ZE500KL-WH16

今回の購入先:楽天モバイル(紹介リンク

SPモードらくらくホン F-02J 試用

SPモードらくらくホン F-02J を家族が購入しましたので、使用開始前に少しだけ拝借しました。

f02j01

ドコモショップ2店舗をまわったところ、1店舗はモック展示も含めて一切無し、もう1店舗は当機種に変更するメリットがないと押し切られ「らくらくホン ベーシック4 F-01G」しか販売してもらえませんでした。

現用機種の不調で機種変を急いでいたので仕方なくF-01Gで手続きを進めていたのですが、スタッフの案内不足が多くて想定外のことがあったので、手続きせずに帰宅しました。

その後、自宅からドコモオンラインショップでF-02Jを注文しました。

f02j02

らくらくホンベーシック4 F-01G と、SPモードらくらくホン F-02J は外観ではほとんど区別が付かないので、家族はどちらでも良いと言ってたのですが、iモード機の終息が目に見えているのと、現在iモード機能をメール以外使っていなかったため、SPモードに変更しても影響は軽微と判断して、より新しいほうを選択しました。

またシェアパックに加入させることが出来ますので、外出先でニュースや地図を閲覧した際にも、自身の契約にパケット通信量が計上されず、親回線のパケットに集約される点でもF-02Jを選択しました。

まだVoLTE通話が実現できる相手は限られていますが、VoLTEによる通話品質の高音質化という恩恵が受けられることも耳が遠くなっている購入者への配慮になると考えています。

f02j03

使用者の年齢に合う音質などの設定になるようで、いきなり生年月日の入力から始まります。しかも情報機器では一般的である西暦入力以外に和暦入力があるところは、さすがらくらくホンです。

f02j04

年齢に合わせた音質が設定されました。

f02j05

私自身もいわゆるガラホを502KCとSH-01Jの2機種ほど使っていますが、一般的なガラホでは真っ先に設定してみたくなるWi-Fi設定が、らくらくホンでは設定画面の11番目=最後から2番目に出ます。実際、結構探しました。

f02j06

らくらくスマートフォン3 F-06FではLINEが使用できることを大々的に宣伝していてメニューでも上位に出ていましたが、F-02Jではコミュニケーションというメニューの3番目に表示されます。こちらも選択するのに時間が掛かります。

このコミュニケーションというメニューもよく分からず、SNSのような機能、ゲームのような機能がありますが、いずれもパケット通信が必要だと警告が出るので、興味の無い人は全く開かないでしょう。

またLINEも機能限定版で使いづらいので、実際にLINE目的でF-02Jを購入するのは非常に危険です。らくらくホン世代がLINE目的で機種変更するのであれば、迷わずらくらくスマートフォンを推奨します。

f02j07

実際に通話している様子です。右下にHDと表示されているのは、VoLTE通話になっている証拠です。音質はあまりシャリシャリせずに自然な感じで好感が持てます。

f02j08

発信履歴です。発着信の履歴にはHDマークが表示されませんので、過去の通話がVoLTEだったのか確認する術はありません。らくらくホン使用世代は、VoLTEのことはあまり気にしないだろうという考えでしょうか。

できれば発着信履歴にHDマークが表示されるメーカーが好きですが、手持ちのVoLTE端末の中でこれが実現出来ているのは京セラ製だけです。

f02j09

ブラウザは標準設定ではiモードと同じくカーソル選択になっていますが、設定を「マウスモード」に変更すると、ポインタが表示されて、比較的自由な選択が出来るようになります。

f02j10

SPモードケータイと言えばAndroidベースですので、深い階層を辿っていけば端末情報もあります。ビルド番号の連打という裏技も健在です。

f02j11

らくらくホン使用者どころか一般ユーザーはまず使わないであろう開発者オプションが追加されました。

f02j12

メール転送でESファイルエクスプローラーを送り、その後アプリのapkを送り込みました。アプリの非公式インストールに関しては、他メーカーのガラホと同じように出来る印象です。

ただしシャープ製の同等機種では簡単に出来るBluetoothによるapk転送が出来ませんでした。

非公式アプリは標準でポインタが表示されますが、自由に好きな場所をクリックできない印象で使いづらいです。ただし他社では非公式アプリでポインタを出すためにはワンクッション操作が必要になったり、そもそも出せないメーカーもあるようなので、アプリ起動後すぐにポインタが表示される考え方は感激しました。

f02j13

通知欄にアクセスする方法は、画面に「お知らせあり」が出ている時に限られてしまうようです(私が使い込んでいないだけで、方法はあるかもしれません)。

自己所有物ではないため非常に短時間の試用ではありますが、SPモードらくらくホン F-02J でも、他社のAndroid搭載折りたたみ携帯(いわゆるガラホ)と同じく、非公式にアプリのインストールが出来たり、Androidのメニューは塞がれていませんので、ちょとしたカスタマイズが出来ることを確認しました。

 

Qua tab 01 KYT31 改良ロット?購入

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

auから発売されているAndroidタブレット端末 Qua tab 01 KYT31を白ロムで購入しました。

quatab01a

写真に写っているAmazonの段ボールは、今回の購入店舗とは無関係です。

au携帯電話は1契約所有していますが、いわゆるガラホのSHF31をLTEプランSとLTEダブル定額の組み合わせで、パケット通信を使用しなければ月額1,000円程度で維持しているため、Qua tab 01を新規で追加購入するメリットが無かったため、白ロムで購入しました。

Qua tab 01はVoLTE対応機種専用のSIMカードしか認識しないため、MVNOで利用する際は他のVoLTE対応機種と同じくこの白ロム端末を初回登録した日から6ヶ月経過し、SIMロックを解除してから利用することになるようです(現時点でVoLTE対応SIMに対応しているMVNOはmineoのみ)。

低価格帯で投げ売りされているタブレット機種ですので、端末のレビューに関してはネットであらゆる購入レビューがありますので今回は割愛させていただきます。

白ロム購入にあたり注意した点がありますので紹介します。

Qua tab 01 は初期ロットから改良を加えたロットがあるという情報を一部のレビューサイトで見かけました。新しいロットには、外箱のバーコード部分に黒丸があるとのことで、改良箇所は不明ですが、何らかの不具合が潜在している可能性も考慮して、改良後のロットと思われるものを探して入手しました。

quatab01b

写真のようにバーコードラベルの右上に印字された黒丸があります(バーコード部分と数字部分は私が塗りつぶしました)。製造後に何らかの改良が加えられた場合は、黒丸は印字されたものではなくラベルシールで追加貼付するケースが多いものの、今回は印字されているのが特徴です。
ちなみに白ロムの通販やネットオークション等では、黒丸の有無を表記している販売者は皆無でした。

それぞれの販売者に質問しても良かったのですが、偶然ネットオークションに出品されているものの中で、バーコード部分が写っているものがあったので、今回はそれを落札して入手しました。

2015年10月製造品と比較的新しいものであることも確認でき、製造年月から見ても初期ロットではないことは確認できます。ただし2015年10月以降に製造されたものですので、初代の購入者が契約した日も最近だと思われますので、SIMロック解除が出来る日まで長期間待つことになります。初期ロットであれば2015年7月あたりに初回契約されているものも多く、2016年1月下旬あたりからSIMロック解除が出来るものもあります(auお客様サポートにてIMEIを入力すればSIMロック解除可否判定が出来ますが、私が利用する早朝夜間はサイトが運営していないので、まだ入手した機種について確認できていません、確認したところ2016年5月下旬になればSIMロックが解除できる=2015年11月下旬に契約したものでした)。※一部修正

今回の入手目的では主に自宅内での利用を想定していたため、一番安価な保護フィルムを入手したのみで、ケースは入手しませんでしたが、近所の100円ショップSeriaにて比較的サイズが近いケースがありましたので購入してみました。

quatab01c

端末の下にある黄色いケースが当該のケースです。

「Seria Color the Days タブレットケースmini ファスナータイプ」というiPad miniを想定したケースのようです。Qua tabの仕様によると縦画面の場合幅125 ×高さ 214 ×厚さ 7.9 mmですが、当ケースは幅165 ×高さ 220 mmですので、幅が若干余るものの高さがほぼピッタリです(写真は横画面で撮影しています)。

白ロムでも1万円台で入手できるタブレットですので、欲張らずに気軽に使える1台をお探しの方にはピッタリの逸品です。

SO-03E購入とNOTTV受信実験

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

仙台にある複数の販売店でXperia Tablet Z(SO-03E)の新規購入キャンペーンを展開しており、純粋な新規契約であれってもそれなりの値引きまたはポイント還元があるとのことで購入を検討していたのですが、関東では同じ条件で販売されている店舗が全く無かった為、地域独自のキャンペーンである可能性が高く、ほぼ定価で購入するなら白ロム相場が急降下しているこの時期に押さえておこうと思い、割賦代金完済済みかつ保証書や付属品が完全に揃っている未使用の白ロムを探して購入しました(購入価格は4万円台前半)。
過去の印象でAndroidタブレットを悪く思っていた部分が多く解消されていますが、一番の目玉であるソフトウェア更新によるフルセグ対応を期待していました。気軽に持ち運べる防水テレビも3万円台のものが多いため、10インチの防水テレビに付加機能が付いたものを4万円台で購入したという気持ちのほうが強いような気がしています。
単にテレビとして使うだけでは勿体ないので、実験としてドコモのNOTTV契約(無料期間31日間)を試しました。
群馬県のモバキャス送信所は前橋市北部、旧宮城村の赤城山南麓にあります。エリアマップを確認する限り、首都圏方向へはエリアが広がっていますが、西方(自宅がある渋川市方面など)はほとんどエリア化されていません。そのため受信は期待していなかったのですが、渋川市街地で確認したところ概ね受信できることが分かりました。

受信確認にあたっては車のシフトレバーがある辺りに設置しました。窓からも遠く、良好な受信が出来るとは思えないのですが、JR渋川駅付近では問題なく受信することが出来ました。
またエリアマップ通り、受信良好なエリアは関東平野一帯となっており、下記の場所で問題なく受信できたことを確認しています。
・JR高崎線 岡部駅(埼玉県深谷市)付近から倉賀野駅(群馬県高崎駅)付近 電車内
・群馬県前橋市内 東部バイパス 車で走行中
・群馬県伊勢崎市内 東京福祉大学付近 建物内
・群馬県太田市(旧新田町) ジョイフル本田新田店付近 車で走行中
またエリアマップから若干外れている群馬県太田市 東武鉄道太田駅南口付近では、山の影になるようで若干ブロックノイズが入る状況ではありましたが、概ね受信することが出来ていました。
200MHz帯なので相当良好な結果を期待していましたが、エリアマップで塗られていない場所であっても受信できることが多いのは意外な結果でした。
ただしNOTTVで放送されているコンテンツに興味を持つものが全く無かった為、無料期間終了後に継続するかは未定です。

GL07SでドコモBand3LTE網に固定する方法

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

EMOBILE LTE対応スマートフォン GL07S を購入しました。
購入時、販売担当者の不手際が重なり、販売店側の担当者が無条件返品の提案を出してきましたが、再度購入するのが面倒だったため、そのまま購入するハプニングがありました。
購入する際の印象としては、データ端末の販売には慣れているものの、スマートフォンの販売には慣れていない印象でした。
今回購入した目的は、イー・モバイル網またはローミング先のソフトバンク網を利用すること以外に、ドコモのBand3(1.7GHz帯)LTEを利用することが挙げられますので、早速ドコモXi契約のSIMカードを挿入して設定を行いました。なお、SIMカードの挿入手順やAPNの設定手順につきましては、Android標準的な操作方法になりますので、割愛させていただきます。
2013年8月上旬の時点で、ドコモのBand3LTE網(Xi150Mbps対応エリア)が整備されている神奈川県川崎市宮前区の東急田園都市線鷺沼駅付近にてドコモLTE網に固定する方法を実践してみました。当手順につきましては、Twitterで多くの助言を頂きながら進めさせて頂きました。ご協力頂きました皆様方に感謝申し上げます。
【1】 Androidの設定画面から「モバイルネットワーク」をタップします

【2】 ネットワークモードの「優先ネットワークモード」を確認します

※ネットワークモードに[LTE]が含まれている事を確認して下さい(多くの操作をしていると、このネットワークモードの値が変更されてしまうケースがあることを確認しています)。
 
【3】 「データ通信を有効にする」の設定を確認します

※GL07Sを標準的に利用している場合は、データ通信モードがONになっています。
 データ通信モードがONの状態では次の操作にあたる「ネットワークオペレータの選択」が完了しません。
 
 データ通信モードがONの場合のメッセージ例
【4】 「データ通信を有効にする」をOFFにして、素早く「ネットワークオペレータの選択」をタップします

※素早く操作することが必須となります。
【5】 利用可能なネットワークの検索が開始されます

※少々待たされます(場合によっては1分以上)。
【6】 利用可能なネットワークに [ NTT DOCOMO 4G ]が出る事を確認した後、画面上部の通知バーを引き下げます

※この時点では NTT DOCOMO 4G は選択しません。
※NTT DOCOMO 4G が出ない場合は、出るまで【1】~【4】を繰り返します。
【7】 通知バーを引き下げ、データ通信アイコンをタップしてOFFからONに変更します


※データ通信アイコンをONにすると、前の画面に戻ります。
【8】 利用可能なネットワークで [ NTT DOCOMO 4G ] をタップします

【9】 画面下部に「ネットワークに接続されました」 と表示されたらドコモBand3LTEに接続完了です

【10】 スピードテスト系アプリ等を利用して、最大150Mbpsエリアの醍醐味を味わいます

※アプリを実行する際、アンテナピクトのところに接続モードである[LTE]表記があることを必ず確認して下さい。
※ネットワークに登録後、しばらく待っても[LTE]表記が出ない=接続されていないことがありますので、その場合は面倒でも【1】から【10】の手順を繰り返します。
確実に電波が入るであろう場所でも、上記の手順がうまくいかない事が多いため、【1】から【10】の手順を何度も何度も実践する根気が必要となります。また操作に使用したGL07Sのファームウェアは2013.08.10時点で最新版です(ソフトバンクローミング対応版)。
当記事作成にあたり、後日Band3エリア以外でキャプチャした画像を多く含みますので、上記は実際の操作方法を再現したイメージとなります。ご了承下さい。