さんぽで三県!!三県境モバイルスタンプラリーに参加

2017年2月10日~3月26日まで開催されている「さんぽで三県!!三県境モバイルスタンプラリー」に参加してきました。

これは埼玉県・群馬県・栃木県の三県境が平地にあり歩いて行ける観光スポットになったことから、埼玉県加須市・群馬県板倉町・栃木県栃木市が共同でキャンペーンを行っているもので、GPS付きスマートフォンを利用して各チェックポイントをまわるモバイルスタンプラリーです。


■ 雷電神社(群馬県邑楽郡板倉町)

群馬県側から進みましたので、まず第一に雷電神社を参拝しました。神社には大きな立て看板があり、チェックポイントであることが確認できます。

神社を参拝後、鳥居の前でチェックインを済ませました。


■ 栃木市藤岡遊水地会館(栃木県栃木市 旧藤岡町)

建物1階が資料館や情報コーナーになっていました。当初、入り方が分かりませんでしたが、この建物の裏側に駐車場入口がありました(写真撮影場所にも出入口がありますが、歩行者用となっており車の出入りは出来ません)。

資料館見学後、駐車場で無事にチェックインを済ませました。


■三県境(埼玉県加須市・群馬県板倉町・栃木県藤岡町)

モバイルスタンプラリーのサイトでは北川辺スポーツ遊楽館(道の駅きたかわべ)から歩いて行くように案内がありました(現地に駐車場が無いため)。

ただし、ほんの数台ですが加須市が公園の駐車場を臨時駐車場として開放しているため、公園利用者がいなければ近くに車を停めることができます。

道の駅きたかわべの乗用車用駐車場が満車だったので、今回は加須市の公園駐車場を利用させて頂きました。

三県境周辺には最近整備されたと思われる新しい看板があるので道を迷うことはありません。

こちらが三県境になります。この手書き看板はテレビや新聞等で見たことがありました。

三県境には2016年に正式な測量をして杭が打たれています。この杭の周りを各県1歩ずつまわれば、モバイルスタンプラリーのキャッチコピーである「さんぽで三県」が実現できます。

三県境の杭でチェックインを済ませました。

三県境の近く、群馬側にはNTTドコモの基地局「CV板倉海老瀬RK」があります。

少々見づらい映像になってしまいましたが、三県境を10秒で周っている様子です。


■北川辺スポーツ遊学館(埼玉県加須市 旧北川辺町)

道の駅きたかわべの敷地にある北川辺スポーツ遊学館です。道の駅の食堂でチェックインをしようと思ったら、チェックインポイントから離れているという警告が出たので、建物前でチェックインしました。

遊学館2階の受付でスマートフォンを提示して、職員の方が最後の操作をすると画面に引き換え番号が表示されます。引き換え台帳に受け取りのサインを記入すると、到達賞としてオリジナルモバイルチャージャー(5V/1A/2000mAhタイプ)を頂くことができます。

さらにWチャンスの抽選を行うことができ、スマートフォン上に表示される操作に従って抽選を行うと、その場で当落が分かります(残念ながら外れてしまいました)。

※到達賞は数に限りがあるとのことで、イベント期間終了の2017年3月26日までに配布が終了してしまう場合があります。ご注意下さい。

北川辺スポーツ遊学館の屋上から撮影した三県境です。屋上には望遠鏡も設置されており渡良瀬遊水地や筑波山方面を一望することができます。

各チェックポイントが微妙に離れているので徒歩で全チェックポイントの訪問は難しいのですが、自家用車以外にもレンタルサイクルが用意されているようですので、各自治体のWEBサイト等の情報収集してからお出かけ下さい。

 

前橋市荒牧町で見つけたUQ WiMAX小型基地局

群馬県前橋市荒牧町で見つけたUQ WiMAXの基地局です。

wimax_maebashi_aramaki

無線装置は写真撮影位置の反対側からしか見えませんが、駐車位置の関係で無線装置の写真は撮影出来ませんでした。

GPSの設置も確認しています。アンテナは右側に見える板状のものではないかと思います(他の電信柱上部なども確認しましたがアンテナ様のものは見つかりませんでした)。

アンテナ方向にはマンションが確認出来ましたが、群馬県内でUQ WiMAXの電柱設置局は珍しいので写真撮影してみました。

なお、2015年11月に撮影されたGoogleストリートビューでは基地局が確認出来ませんので、それ以降だと思います。

測定できる道具を所持していなかったため、WiMAX方式なのか、WiMAX2+方式なのかは特定出来ませんでした。設置時期を考えると、WiMAX2+方式が有力ですが、エリア拡大予定メール等では告知されていませんでした(直近、荒牧町1丁目にある基地局にWiMAX2+対応設備が設置された際は告知されていました)。

2017年3月追記:WiMAX2+基地局として開局情報が発表されました。

SS上神梅&テレビ難視聴対策施設GF1塩原北

群馬県みどり市大間々町にあるNTTドコモ基地局 SS上神梅と、みどり市が整備したテレビ難視聴対策施設(ギャップフィラー) GF1 塩原北 です。

kamikanbai01

kamikanbai02

kamikanbai03

みどり市のテレビ難視聴対策で整備された無線方式ギャップフィラーは12ヶ所あるようで、今回撮影した場所は「GF1塩原北」という設備になるようです。

みどり市役所教育庁舎で受信した信号を、市が整備した光ファイバーにより伝送され各GFから送信されています。

カーナビで地デジ放送を受信しながら付近を運転しましたが、映像の途切れは全くなく快適に利用できました。

余談ですが2004年に撮影したドコモ基地局SS上神梅の写真が見つかりましたので掲載します。

kamikanbai04

 

電測アプリ: Network Signal Guru導入

最近TwitterでNetwork Signal GuruというAndroidアプリを使用して、いわゆる電測のような事をやっている方が増えてきているので、どんなものかと試しに導入してみることにしました。

ze170121a

Playストアで普通にダウンロード出来ます。ただしAndroid端末内のシステム権限を自由に操作できる、root化が必要になるため、二の足を踏んでしまいます。

そこでroot化の手順が広く公開されており、Network Signal Guruの動作実績があるとTwitterで紹介されていた ZenFone 2 Laser (ZE500KL) を購入して、遊び(実験)専用端末として使ってみることにしました。

root化に際しては故障時にメーカー保証が適用されないことや、失敗した場合に起動しなくなる、いわゆる文鎮化のリスクがありますので、自己責任かつ自己判断で実施していただきますようお願いします(あえてここではroot化手順の紹介は割愛させていただきますが、ネット検索ですぐに見つかります)。

またroot化が検出された場合に起動しなくなるアプリも多数ありますので、普段使いの端末をroot化することだけは避けたほうが無難です。

ze170121b

ZenFone 2 Laser はデュアルSIM仕様です。ただし単純にSIMが2枚入るだけなので、優先SIMカードの設定をして、使用したいSIMを選択する必要があります。

ze170121c

SIMの切り替えには約20秒要します。また、優先SIM以外のSIMに関しては発着信が出来ません。

※最近SIMフリースマホ市場に登場したDSDS(Dual SIM Dual Standby)対応機であれば、SIM1/SIM2両方の同時待ち受けが可能です。

私はSIM1にドコモのMVNOであるOCNモバイルONEのデータ通信契約SIM、SIM2にY!mobileのスマホプランSIMを差して、電話の発着信が出来るSIM2(Y!mobile)で使用することにしました。

ただしroot化にあたり不安もありましたので、電話帳などの個人情報を含むものは端末に一切保存しないことや、発着信履歴などは速やかに削除しながら使うことにしました。

ze170121d

こちらがNetwork Signal Guruの画面です。これはドコモの2GHz帯LTE基地局と通信している様子になります。

起動時にはメインで掴んでいるBandと、周辺セルの情報が表示されますが、周辺セルの情報もメインで掴んでいるBandと同じもの(上記の例ではBand1)が表示される事が多いようです(異なったBandのセルが列挙されることもあります)。

ze170121e

Network Signal Guruの大きな特長として、使用したい周波数帯(Band)を固定することができます。現在は全Bandにチェックが入っていますが、例えばドコモの800MHz帯だけ使用したい場合は、B19だけにチェックを入れれば大丈夫です。

またSIM1に対してBand固定が有効になり、SIM2に切り替えた際にはBand固定が有効にならない現象を確認しています。Band固定目的でNetwork Signal Guruを使用したい場合は、メインのSIMをSIM1に差す必要がありそうです。

ただし携帯電話キャリアはBand固定した移動機をユーザが使用することを想定していないので、Band固定の使用中にトラブルが発生しても自己責任ということになります。

ze170121g

ネットワーク方式の固定も可能です。原則AUTOで運用されていますが、WCDMA(3G)だけ、LTEだけという選択も可能です。ネットワーク方式を限定することは、他のAndroidスマホ等でも実現可能ですので、特筆すべき点ではありません。


それでは国内主要キャリアのSIMを使い、Network Signal Guruの画面がどのように表示されるかを紹介します。

  1. NTTドコモの場合
    ze170121h
    この画面では800MHz帯のLTE基地局(Band19)と通信していることが分かります。周辺情報として2GHz帯(Band1)、1.7GHz帯(Band3)の電波も拾っていることが分かります。

  2. KDDIの場合
    ze170121i
    この画面では2GHz帯のLTE基地局(Band1)と通信していることが分かります。周辺情報にもBand1の基地局しか表示されていません。Band固定をしたところ、800MHz帯のLTE基地局(Band18)の情報も表示されました。

  3. ソフトバンク/Y!mobileの場合
    ze170121j
    この画面では900MHz帯のLTE基地局(Band8)と通信していることが分かります。周辺情報として2GHz帯(Band1)の電波も拾っていることが分かります。旧イー・モバイルの1.7GHz帯(Band3)を拾うこともあります。
    ※ソフトバンク系のSIMでは、周辺情報に複数のBandが混ざりながら表示されることが多いようです。

このようにNetwork Signal Guruでは、使用できる周波数帯の情報が簡単に表示されます。

特筆すべき点としては、ZenFone 2 Laserは全国各地でエリアが広がりつつある700MHz帯(Band28)にも対応している点です。
まだ700MHz帯発射地域での挙動を確認していませんが、700MHz帯開始と共に導入した簡易スペアナ RF Explorer と合わせて、正確に開局状況を特定することができます。こちらについても後日確認予定です。

ze170121k

デュアルSIM仕様とは言え、実質使用できるSIMは1枚なので、端末が安価になったこの時期にドコモ用、KDDI用、ソフトバンク用と3台揃えてしまうこともアリかと思ってしまいました(幸いな事にカラーラインナップも複数ありますし・・・苦笑)。

エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone 2 Laser(Qualcomm Snapdragon 410/メモリ 2GB)16GB ホワイト ZE500KL-WH16

今回の購入先:楽天モバイル(紹介リンク

JR那須塩原駅前にある基地局

栃木県那須塩原市、JR那須塩原駅前にある給水塔(?)に取り付けられたソフトバンク基地局のアンテナです。

nasushiobara_sta01

nasushiobara_sta02

写真は撮影出来ませんでしたが、基地局装置の近くにBSアンテナが設置されていましたので、1.5GHz帯も開局しているようです。

nasushiobara_sta03

駅前にあるホテル屋上にはWiMAX/WiMAX2+の基地局、さらに写真ではよく確認出来ませんが旧イー・モバイルのアンテナも確認出来ました。

実はこのホテルに宿泊したのですが、日没後のチェックインだったため、周辺の基地局事情に気づいたのはチェックアウト後のことでした。

新幹線駅前ならWiMAX2+回線を使っておけば快適だと判断して、客室ではHWD31にmineo AプランのSIMを入れたものを使用していました。この基地局配置を見れば、ソフトバンク系のSIMを入れたルータを使用してみればよかったと思っています。

ドコモ/auの基地局は少し離れており、通話には支障が無かったものの、他社と比べて若干電界強度が弱い印象でした。