さんぽで三県!!三県境モバイルスタンプラリーに参加

2017年2月10日~3月26日まで開催されている「さんぽで三県!!三県境モバイルスタンプラリー」に参加してきました。

これは埼玉県・群馬県・栃木県の三県境が平地にあり歩いて行ける観光スポットになったことから、埼玉県加須市・群馬県板倉町・栃木県栃木市が共同でキャンペーンを行っているもので、GPS付きスマートフォンを利用して各チェックポイントをまわるモバイルスタンプラリーです。


■ 雷電神社(群馬県邑楽郡板倉町)

群馬県側から進みましたので、まず第一に雷電神社を参拝しました。神社には大きな立て看板があり、チェックポイントであることが確認できます。

神社を参拝後、鳥居の前でチェックインを済ませました。


■ 栃木市藤岡遊水地会館(栃木県栃木市 旧藤岡町)

建物1階が資料館や情報コーナーになっていました。当初、入り方が分かりませんでしたが、この建物の裏側に駐車場入口がありました(写真撮影場所にも出入口がありますが、歩行者用となっており車の出入りは出来ません)。

資料館見学後、駐車場で無事にチェックインを済ませました。


■三県境(埼玉県加須市・群馬県板倉町・栃木県藤岡町)

モバイルスタンプラリーのサイトでは北川辺スポーツ遊楽館(道の駅きたかわべ)から歩いて行くように案内がありました(現地に駐車場が無いため)。

ただし、ほんの数台ですが加須市が公園の駐車場を臨時駐車場として開放しているため、公園利用者がいなければ近くに車を停めることができます。

道の駅きたかわべの乗用車用駐車場が満車だったので、今回は加須市の公園駐車場を利用させて頂きました。

三県境周辺には最近整備されたと思われる新しい看板があるので道を迷うことはありません。

こちらが三県境になります。この手書き看板はテレビや新聞等で見たことがありました。

三県境には2016年に正式な測量をして杭が打たれています。この杭の周りを各県1歩ずつまわれば、モバイルスタンプラリーのキャッチコピーである「さんぽで三県」が実現できます。

三県境の杭でチェックインを済ませました。

三県境の近く、群馬側にはNTTドコモの基地局「CV板倉海老瀬RK」があります。


■北川辺スポーツ遊学館(埼玉県加須市 旧北川辺町)

道の駅きたかわべの敷地にある北川辺スポーツ遊学館です。道の駅の食堂でチェックインをしようと思ったら、チェックインポイントから離れているという警告が出たので、建物前でチェックインしました。

遊学館2階の受付でスマートフォンを提示して、職員の方が最後の操作をすると画面に引き換え番号が表示されます。引き換え台帳に受け取りのサインを記入すると、到達賞としてオリジナルモバイルチャージャー(5V/1A/2000mAhタイプ)を頂くことができます。

さらにWチャンスの抽選を行うことができ、スマートフォン上に表示される操作に従って抽選を行うと、その場で当落が分かります(残念ながら外れてしまいました)。

※到達賞は数に限りがあるとのことで、イベント期間終了の2017年3月26日までに配布が終了してしまう場合があります。ご注意下さい。

北川辺スポーツ遊学館の屋上から撮影した三県境です。屋上には望遠鏡も設置されており渡良瀬遊水地や筑波山方面を一望することができます。

各チェックポイントが微妙に離れているので徒歩で全チェックポイントの訪問は難しいのですが、自家用車以外にもレンタルサイクルが用意されているようですので、各自治体のWEBサイト等の情報収集してからお出かけ下さい。

 

GPSレシーバー購入

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

以前よりSONYのGPS-CS1K(写真左)というGPSレシーバーを愛用していましたが、HOLUXのM-241(写真右)を追加購入しました。

海外メーカーのものですが国内のBluetooth認証を取り、Bluetoothレシーバーとしても使えます。
また液晶画面には現在の緯度・経度・標高などと共に、移動速度や各種設定内容が表示され非常に便利です。専用ユーティリティじゃないとデータが吸い出せないのが難点ですが、しばらく2台併用で遊んでいきたいと思っています。