マザー牧場周辺の基地局&ワンセグ遠距離受信

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

千葉県富津市にあるマザー牧場を訪問しました。

山の上エリアわくわくランドにある観覧車から周辺の基地局を撮影しましたので紹介します。

mother01
こちらがマザー牧場周辺をエリア化している携帯電話キャリア各社の基地局です。この他、少し離れた場所にドコモの基地局がもう1局ありました(写真未撮影)。

mother02
ドコモ基地局の拡大です。

mother03
左側の鉄塔はY!mobileの1.7GHz帯基地局(旧イー・モバイル)です。その右側に明らかに基地局を新設しそうな場所がありますが、入口には工事看板が無かったため詳細は確認出来ませんでした。

mother04
中央手前はPHS基地局です。無線エントランス用アンテナが確認出来ましたので、有線回線は接続されていないようです。
奥はKDDIです。同一の敷地内に2本の鉄柱が立っており、左が現用、右が廃局したもののようです。形状からPDCからCDMA旧800MHzまで使用したものだと推測出来ます。

mother05
こちらはソフトバンクの基地局です。ケーブル配線から900MHz帯にも対応していると推測出来ます。

以上が携帯電話各社の基地局ですが、せっかく観覧車に乗りましたので、さらに遠方に見える鉄塔を撮影してみました。

mother06
東京湾方面に見えたのは海上保安庁 富津送信所です。

mother07
鹿野山方面の各種鉄塔です。右手前の白い建物(マザー牧場の本部?)にも携帯電話基地局のアンテナや各種無線のアンテナが確認出来ました。

最後にマザー牧場山の上エリアみどりのひろばでワンセグ受信確認を行いました。

使用機種:DIGNOケータイ 502KC 地域設定:千葉
※送信場所は推測です

27ch:NHK総合東京(墨田)
26ch:NHKEテレ東京(墨田)
30ch:チバテレビ(船橋)
25ch:日本テレビ(墨田)
24ch:テレビ朝日(墨田)
22ch:TBS(墨田)
23ch:テレビ東京(墨田)
21ch:フジテレビジョン(墨田)
50ch:TOKYO MX(新島
50ch:TOKYO MX(新島、謎の重複登録)
34ch:NHK総合・東京(君津?)
35ch:NHK総合・東京(新島?
37ch:NHK総合・東京
18ch:tvk(横浜)
18ch:tvk(横浜?、謎の重複登録)
32ch:テレビ朝日(鴨川?)
43ch:テレビ朝日(新島?
31ch:テレビ東京(富津?)
51ch:テレビ東京(新島
38ch:フジテレビジョン(富津?)
42ch:フジテレビジョン(新島?市原牛久?)

直線距離で100km以上離れた新島からの電波がよく受かっていたのが印象的です。特に50ch、51chに関しては周辺に該当局がありませんので、新島だと断定しました。35ch、43chに関しても千葉県内で確認できるものは小規模中継局のため、マザー牧場では受からないと推測し新島からの電波ではないかと考えています。

以下、みどりのひろば付近の写真です。

mother08

mother09

観覧車乗車中にワンセグ受信実験を行えば、さらに良好な結果が出た可能性がありますが、非常に面白い結果が出たので収穫がありました。

長野県佐久市で見つけた荷重が心配なSB基地局

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

長野県佐久市岩村田の上信越自動車道佐久IC付近にあるY!mobile PHSとソフトバンク携帯電話用のアンテナが共架している基地局です。

saku_phs_sbm01
従来はPHSのアンテナの下に、ソフトバンクの板状アンテナ(2GHz帯3G単独??)が設置されていましたが、2016年6月に訪問したところ、筒型の複数波に対応しているアンテナに変更されていました。

以前の様子はGoogleストリートビューから引用します。
※下記埋め込み画像のリンクはこちら

よく見える位置からは逆光になってしまったので、方向を変えて撮影した写真を掲載します。

saku_phs_sbm02
以前は鋼管柱から伸びるPHSアンテナの細い支柱にアンテナが取り付けられていましたが、現在は鋼管柱に直接筒型アンテナが設置されています。

また無線装置の数も大幅に増えています。複数波並びにLTEに対応しているものと推測出来ます。

装置の小型化により細かく基地局配置が出来るため、利用者としては恩恵を受けられる機会が増えましたが、鋼管柱の荷重は大丈夫だろうかと素人視点でも心配になってしまうような設置方法です。

JR新前橋駅前のPHSアンテナ(撤去)

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

群馬県前橋市のJR新前橋駅前にあるPHS基地局が撤去されました。

shinmaebashi_phs1
従来、PHSアンテナの下にAXGPの筒型アンテナが取り付けられていましたが、2016年5月下旬に確認したところ、PHS時代の避雷針だけは残っていましたが、AXGPアンテナと支柱だけになっていました。

在りし日の様子はGoogleストリートビューで確認出来ます。
下記埋め込み画像のリンクはこちら

また、群馬県内ではPHSの指向性型アンテナを採用した基地局が、無指向性型の主に4エレメントタイプに交換されています。更新後のアンテナは真新しく感じないため、このような場所から撤去したものが転用されているのではないかと推測しています。

shinmaebashi_phs2
2001年3月に撮影したJR新前橋駅前のPHSアンテナです。当時のデジカメよりも、2016年現在使用しているスマホ(Galaxy S6)のデジタルズームのほうが綺麗な画質ですね。

PHSから502KCへの契約変更でオプションサービスが自動解除

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

2016年3月下旬にPHSからガラホ502KCに契約変更して初めての請求書が到着しました。

従来は主回線を新ウィルコム定額プランS+だれとでも定額を組み合わせることにより、副回線の基本使用料が無料で維持できましたが、Y!mobileオンラインショップで502KCを購入する際に、考え方の違いがありましたので紹介します。

  旧料金プラン  新料金プラン  備考 
主回線   新ウィルコム定額プランS
+だれとでも定額
 スマホプランS 今回契約変更
 副回線1 新ウィルコム定額プランS  新ウィルコム定額プランS  基本使用料無料
副回線2 新ウィルコム定額プランS 新ウィルコム定額プランS 基本使用料無料

Y!mobileのサイトから家族割引について次のような確認を行いました。

Y!mobile家族割引サービス

要約:主回線にスマホプランを選択すれば、副回線がケータイプラン(PHS)であれば基本使用料が0円になる。

そこで今回の契約変更では、対象回線が主回線でしたので上記のようにスマホプランSを選択して購入しました。音声通話だけであれば、ケータイプランSSという安価に維持できるプランもありましたが、これでは家族割引の主回線としては適用されないため、3回線トータルの維持コストが大幅に上がってしまいます。

ところが、4月10日に確定した2016年3月分の請求書を確認したら、従来の主回線と副回線の請求書が完全に分離していたため、カスタマーセンターに確認してみることにしました。

カスタマーセンターで確認してわかった事は次の通りです。

主回線を契約変更したことにより、従来から加入しているオプションサービスはすべて解除され、もう1台無料キャンペーンや家族割引を組んでいた場合、主回線・副回線の合算請求も解除されてしまう。このままでは副回線の基本使用料が課金されてしまうため、家族割引を再適用するために、早めにワイモバイルショップに来店して手続きを行う必要がある。

契約変更手続きはオンラインショップでスムーズにできたのに、従来合算していた請求書が分離されてしまい、再度合算するためには来店するしかないという回答でした。これには驚きました。

私の場合、次のケースに該当していたようです。

Y!mobile オンラインストア – ご利用ガイド –

2014年7月31日以前のご契約でご加入中のオプションサービスについて

現在のご契約で加入しているオプションサービスは全て解除となります。ご利用いただく場合には、再度お申し込みが必要です。

やはりY!mobileの契約を自己判断で進めてしまうのは怖いという結論になりました。現在は複数のワイモバイルショップが生活圏内にありますが、以前はワイモバイルショップが遠方にしか無い場所に居住していたので、来店するだけでそれなりの労力が必要でした。

実際にワイモバイルショップでは、本人確認をし、口頭で主回線・副回線の電話番号を伝えただけですぐに手続きをしてもらうことができました。これならオンラインショップやカスタマーセンターでも十分対応できるのではないかと思ってしまうほど簡単な手続きでした。

PHSから4Gケータイに変更し、方式が変わったから合算できないとか、旧ウィルコム、旧イー・モバイルの違いで合算できないとかの理由で、ずっと分離し続けるなら納得できるのですが、旧ウィルコムからの変更をしたから古い契約と新しい契約が分離され、分離された場合は来店して手続きすれば合算できるという、なんともややこしい法則を乗り越える必要がありました。

客側の申し出がないと統合しないというスタイルに納得できなかったため、同様の境遇者が少しでも減って欲しいという願いからブログの記事として紹介しました。

なおPHSからの502KCへの変更では、PHS側の契約解除料金(2160円)と502KCの契約変更事務手数料(3240円)は一度計上されたものの、値引きで相殺され請求されませんでした。

※そもそも同じ会社の新サービスへ変更しただけなのに、解除だとか新規だとか言われるのも納得できませんが・・・。

ちなみに502KCは新規契約扱い、PHS時代から11年半以上の契約期間も0ヶ月にリセットされました。

502kc_thankyouletter
宮城県富谷町のソフトバンク株式会社が差出人となっている契約確認の葉書(いわゆる「サンキューレター」)には『新規ご契約のお客様へのご案内』となっていました

3Gエリア内での502KC発信挙動

この記事の内容は1年以上前に書いたものです。現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

前回、502KCのLTEエリア内での発信挙動について詳しく紹介しました。

前回記事:LTEエリア内での502KC発信挙動

今回は3Gエリア内での発信挙動について検証したいと思いますが、純粋な3G単独エリアが直近に無かったため、下記のような4Gをオフにする設定で検証を行いました。

  発信側
(502KC) 
着信側
(iPhone6) 
3G固定にする設定  502kc_21 502kc_23
 2機種が同一の
3Gネットワークに
属している事の
確認
502kc_25 502kc_26

両機種共に同じCellID(2353630)に属していることを確認しました。iPhone6のField Test画面から900MHz帯を利用していることが分かります(検証場所の直近に2GHz帯のIPエントランス基地局がありますが、両機種でこの基地局を拾う気配は全くありません)。

■対iPhone6通話検証

発信側
(502KC) 
着信側
(iPhone6) 
502kc_22 502kc_24
 3G
HD 表示
(HD Voice)
 3G

発信側である502KCでは、4G VoLTE通話時と同様に「HD」マークが表示されます。これはSoftBank/Y!mobileの一部機種が対応している高音質通話「HD Voice」が適用されていることを意味しています。

着信側であるiPhone6では、SoftBankを含む各キャリアでVoLTEやHD Voice等の高音質通話状態の表示はありません。

前回の記事では4GエリアかつHD表示=VoLTEと表記しましたが、SoftBank/Y!mobileの一部機種では3GエリアかつHD表示=HD Voiceという組み合わせもあり、他キャリアと比べて高音質通話の適用頻度が多いことになります。

個人的な感想としてはHD Voiceの通話品質はVoLTEに近く、非常に聞きやすい音質であると感じています。

3Gエリア内のその他の通話に関しては、昔からある純粋な3G方式の通話となり、502KCの画面には特段何か表示が増えることはありませんでした。

今後のネタとして、都市部のLTEと3Gが併用しているエリアだけではなく、郊外の純粋に3Gだけが展開されているエリアでも、HD Voiceが適用されるかを検証予定です(ただし確実にLTEが入らない3Gエリアがどんどん減ってきているので、純粋な3Gエリアまで気軽に行けなくなってしまっているのが課題です)。

PHSからの契約変更で音声通話を重視した選択として502KCを購入しましたが、通話相手もSoftBank/Y!mobileのVoLTEまたはHD Voice対応機種であれば、非常に快適な通話が体験できることが分かり、自分自身にとって購入は正解でした。