ごあいさつ

Mobilers Highとは、モバイル大好き人間の興奮状態が極限まで達し、様々なネタを紹介してしまうブログです。 積極的にネタを収集していませんので、定期的な更新予定はありません。 このブログサイトは群馬県内基地局・アンテナ写真集『Country Mobiler』サイト内で2003年から2008年まで公開していたブログ記事の一部も融合しています。 管理人:Mobilers High (連絡先等はこちらから)

【お知らせ】 2016年8月~9月に公開しましたアマチュア無線関連の記事は、別ブログとして独立開設致しました。

定峰峠で見つけたソフトバンク基地局

埼玉県秩父市と東秩父村を結ぶ定峰峠付近にあるソフトバンクの基地局です。

東秩父村方面から秩父市方面に向けて走行しましたが、峠に近づくにつれ、ソフトバンクの電波だけが良くなってきているので基地局の場所を気にしていたら見つけました。

sadamine01

東秩父村側、ドライブインみはらし付近にある基地局です。最近増殖している2GHz帯の3Gと900MHz帯のLTEという組み合わせです。

sadamine02

こちらは定峰峠付近にある基地局です。やはり2GHz帯の3Gと900MHz帯のLTEの組み合わせです。ただし他のLTE基地局からの電波を引っ張ってしまったようで、DIGNOケータイ 502KCのアンテナピクトは1本でした(実はまだ未開局?)。

sadamine03

900MHz LTEの小型無線装置はHuawei製のようです。

2016年に大増殖した900MHz帯LTEだけの増設基地局ですが、設置されているアンテナは現時点で2種類確認しています。

 sadamine05 sadamine04

アングルが悪く見比べるには適していませんが、前者は展開が始まった春~夏頃に多かった太くて短いアンテナ、後者は秋以降によく見かける細くて若干長めのアンテナです。
目視する限り後者のアンテナのほうが軽量ではないかと思います。

※ブログ掲載用透かしの自動処理により、ロゴが大きく入ってしまいお見苦しい点はご了承下さい。

定峰峠を越えた時間がちょうどお昼時だったため、峠のうどんを楽しみにしていましたが残念ながら定休日でした。

sadamine06

鬼うどんの看板だけ撮影して後にしました。

 

埼玉県東秩父村で見つけたソフトバンク基地局

埼玉県秩父郡東秩父村の道の駅和紙の里ひがしちちぶ付近で見つけたソフトバンク基地局です。

higashichichibu01

村中心部の広範囲をカバーする基地局です。

higashichichibu02

衛星エントランスに切り替えが出来る仕様になっています。衛星エントランスによる孤立化対策を行っているソフトバンクの展開は評価しています。

群馬県内でも神流町や草津町などでも設置例を確認している衛星エントランス設置基地局です。

群馬県神流町での設置例:IMT/PLB神流森戸局(衛星&GPS設置)

通常は衛星エントランスでは運用されていないようで、実際にスピードテストを実行すると良好な結果が出てきます。

higashichichibu03

DIGNOケータイ 502KCに裏技でインストールしたスピードテストアプリで下り約60Mbpsを記録しました(基地局から数百メートル離れた東秩父村役場付近で測定)。

増えるSIM(回線契約)の管理

MVNOの普及や同一名義でシェアできる契約が増えてきたことにより、SIMの枚数ばかりが多くなってしまい、簡単に管理できる方法は無いかと模索していました。

従来はパソコンのExcelファイルで変更がある度に履歴を残しながら入力していました。

161204sim2

このような形で契約情報を残していたのですが、SIMの差し替え頻度が多くなると、その都度ファイルを更新するのが面倒になり、つい後回しにしているうちに、紐付け項目が分からなくなってしまうことがありました。

そこで部屋に表を作り掲示しておくことにしました。

161204sim

こんな感じの表です。SIMを差し替えた時点でマグネットの位置を移動させて、どの端末にどのSIMが入っているかが一目瞭然になるようにしておきます。

大きな変更があった時のみ、Excelファイルの更新や表の作り直しをします。

また表の中に予め印刷された「○」印は、端末とSIMの紐付けになっています。例えば1行目のiPhone7は、現在左から1番目のSIMで運用していますが、実際には左から3番目のSIMと紐付けられて契約していることが分かります。

ドコモはシェアパックで維持費を抑え、MVNOは0SIMで維持費なし、Y!mobileはシェアプランで3回線の月額は約1000円という、昔では考えられないほど格安で運用していますが、物が増えるほど管理も大変になりますので、少しずつ工夫していこうと考えています。

Lightning-ヘッドフォンジャックアダプタでポケットガイガーを接続

iPhone7からはヘッドフォンジャックが廃止され、代わりに「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」が同梱されていますが、オーディオ再生以外の用途で使用できるか検証してみました。

今回はスマートフォン接続型放射線センサ「ポケットガイガー」の動作を検証してみます。

gg161118a

Type4と呼ばれるiOS端末とオーディオケーブルで接続するタイプです。
写真のようにヘッドフォンジャックアダプタを経由してiPhone7と接続してみました。

なお、使用するアプリは2016年11月6日付でiPhone7/iPhone7 Plusに正式対応したバージョンが登場しました。

gg161118b

ちょうど5分間計測した様子です。特に問題なく数値が取得出来ているようです。

ヘッドフォンジャックアダプタを経由しても、オーディオ再生以外の用途としても問題なく利用できるようです。

ちなみにiPad Air2(ヘッドフォンジャック)で同じ検証を実施しました。

gg161118c

こちらがiPad Air2での結果です。観測場所は同じですが、数値が低く表示されていました。誤差の範囲だと見ていますが、今後何度か計測してみてiPhone7(ヘッドフォンジャックアダプタ経由)で数値が高く表示されるか確認してみたいと思います。

radiation-watch ポケットガイガー Type4 【POCKETGEIGERTYPE4】

SoundPEATS BluetoothイヤホンQ12 購入

SoundPEATS Bluetooth イヤホン Q12 を購入しました。

Bluetoot 2.0時代にはBluetoothイヤホンを使用したことがありましたが、途中で有線のノイズキャンセリングイヤホンに切り替えてしまいました。

iPhone7になりイヤホンジャックが廃止されてしまった事から、古いBluetoothイヤホンを引っ張り出して使用していたのですが、バッテリーの持ちが悪いことやレシーバーが大きいことなど、使い勝手が悪いので安価で評判の良いQ12を購入してみました。

161115b

立派な収納ケース(左)に付属品が入った状態で梱包されていました。

161115a

主に使うのはこれだけ。非常にコンパクトです。左右のイヤホンがマグネットで固定されるので持ち運びは便利です。

技適マークも付いていましたし、ペアリング時、電源ON/OFF時に日本語でガイダンスが流れるので安心します。
ハンズフリーのマイクも内蔵していますので、音楽聴取中に着信があっても即対応できます。

電車などの公共交通機関での移動が少ないので、出番はあまり多くありませんが、しばらくはQ12をお供にしたいと思います。

SoundPEATS Bluetooth イヤホン 高音質 apt-Xコーデック採用 防汗防滴 スポーツ仕様 外れにくい Bluetooth ヘッドホン ハンズフリー通話 CVC6.0ノイズキャンセリング ワイヤレス イヤホン [メーカー直販/1年保証付] Q12 ブラック